白い恋人はどこで買える?販売店舗や通販などで安く買う方法・枚数ごとの値段・カロリー・賞味期限や日持ち・食べてみた感想のまとめ

評価★★★★★4.8
クチコミ44
白い恋人(ホワイト) 外装
白い恋人(ホワイト) 外装白い恋人(ホワイト) 開封した写真白い恋人(ホワイト) 中身の写真
おみやの写真について

おみやげのデータ

商品名白い恋人
JANコード
4956758006008
内容量9個入り12個入り18個入り24個入り27個入り36個入り54個入り
製造者石屋製菓株式会社
製造者住所札幌市西区宮の沢2条2丁目11番36号
原材料砂糖(北海道製造)、卵白、小麦粉、全粉乳、油脂加工品(バター、植物油脂、食用精製加工油脂、牛乳、その他)、ココアバター、食用精製加工油脂、ショートニング、クリーム、でん粉/乳化剤、香料、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日から180日
保存方法直射日光をさけ、28℃以下の涼しい所で保存
箱の大きさ横 18cm × 奥行き 15.5cm × 高さ 3cm
名産地北海道札幌
販売場所旭川空港新千歳空港函館空港東京国際空港(羽田空港)関西国際空港釧路空港紋別空港女満別空港帯広空港丘珠空港中標津空港富山空港稚内空港木古内駅新函館北斗駅JR旭川駅JR千歳駅JR富良野駅JR函館駅JR東室蘭駅JR北見駅JR釧路駅JR南千歳駅JR帯広駅JR小樽駅JR札幌駅JR新札幌駅JR手稲駅余市駅金山PA有珠山SA輪厚PAスタープラザ芦別望羊中山みそぎの郷 きこないマオイの丘公園スペース・アップルよいち大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越札幌エスタ東急百貨店札幌店フラノマルシェ五稜郭タワー函館朝市函館山羊ヶ丘展望台定山渓温泉札幌場外市場金森赤レンガ倉庫支笏湖釧路フィッシャーマンズワーフMOO二条市場サッポロビール園札幌市時計台白い恋人パーク狸小路商店街苫小牧西港フェリーターミナルさっぽろテレビ塔ウポポイ和商市場湯の川温泉
※ 販売場所は公式サイト・現地で直接確認していますが、販売終了している場合もあります。
おみやげの種類ラングドシャチョコレート
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

白い恋人とは?

白い恋人は、北海道土産の定番中の定番であり、鉄板商品と言っていいのではないでしょうか。

北海道札幌市の菓子メーカー、石屋製菓が製造・販売している洋菓子です。

白い恋人は、ラング・ド・シャと呼ばれる卵黄を使わず、小麦粉に卵白・バター・砂糖などを加えて焼いた、薄くてサクッと軽やかな歯ごたえのクッキーでチョコレートを挟んだもの。

ホワイトチョコレートを挟んだ「白い恋人ホワイト」と、ミルクチョコレートを挟んだ「白い恋人ブラック」の2種類があります。

1976年12月に発売が開始された「白い恋人」の名前の由来は、紙箱のパッケージ裏面に記載されているので、手にしたときに読んでみてください。

ある年の師走に創業者がスキーを楽しんだ帰りに「白い恋人たちが降ってきたよ」と何気なく言った一言によるとされています。

パッケージ表面に描かれているのは、北海道の「利尻山」。

石屋製菓の当時の社長が利尻を訪れた際に、まるでスイスの山並みのようだと感激し、白い恋人がヨーロッパ風のお菓子を目指していたことから、パッケージに採用したそうです。

白い恋人は、紙箱の他に缶入も発売されています。

開封動画はこちら

白い恋人を開封したときの動画はこちらです。
開けるときがどんな感じか気になるならチェックしてみましょう。

白い恋人を食べてみた感想

袋を開けると、一口サイズのちょうどいい大きさの白い恋人が出てきます。

サクッとした食感と口の中で溶けるような、まろやかな上品な味。
白い恋人を食べた感想を一言で表すとこうなります。

人によってはシャリシャリ・ジャリジャリとした食感かもしれませんね。

ラング・ド・シャは、サクッと軽く優しい甘さ。
ホワイトチョコレートは、ただ甘いだけでない。

この風味とクリーミーな口どけは、本当によく研究しつくされていると思います。

ホワイトチョコレートのお菓子は数多く販売されていますが、白い恋人のような味はなかなか出せるものではないでしょう。他のラングドシャで白い恋人の味はないですからね。

香ばしいラング・ド・シャに挟まれたチョコは、厚すぎず薄すぎず、絶妙な厚さです。

そして、ホワイトチョコレートとラング・ド・シャのハーモニーは、個性が強い飲み物であるコーヒーとの相性は抜群。

とてもおいしいので、もう1枚、あと1枚だけ…と、ついつい手が出てしまうお菓子です。

白い恋人の値段と内容量一覧。缶入りもあります

白い恋人をお土産で買おうと思ったとき、何個入っているかや、値段が気になるかと思います。

以下で内容量ごとの値段をまとめました。
税込価格になります。

入り数値段JANコード
9枚入り648円4956758001096
12枚入り864円4956758006008
18枚入り1,296円4956758009009
24枚入り1,728円4956758012009
27枚缶入り2,052円4956758015017
36枚缶入り2,808円4956758020004
54枚缶入り4,104円4956758030003
36枚入オリジナル缶3,358円
54枚入オリジナル缶4,654円

27枚以上になると、缶入りになります。
北海道旅行の記念に缶も保存しておきたい場合は、缶入りもいいと思いますよ。

また、36枚以上になると、ブラックの白い恋人も混じっています。

枚数が多いので、会社や学校などで配りやすいのがいいですね。

とても便利なお土産ですし、あげたときにも間違いがないし、よろこばれるお土産です。

自分用に買うときは9枚入りが最小ですね。
私はたまに自分用に白い恋人を買って、おやつにしています。

白い恋人のカロリー・栄養成分表示

白い恋人の原材料やカロリーなどの栄養成分表示

白い恋人を自分用に買って食べるときなどは、カロリーがどれぐらいあるのかが気になるかと思います。

カロリーなどの栄養成分表示を知っていると、食べすぎないように意識できますよ。

エネルギー57kcal
たんぱく質1.0g
脂質3.4g
炭水化物5.7g
食塩相当量0.03g
白い恋人のカロリー・栄養成分表示(1枚あたり)

1枚あたり57キロカロリーですね。

中には1つで100キロカロリーを超えるお菓子も多い中、悪くない数字かなと思いました。

白い恋人の賞味期限は製造日から180日

白い恋人を食べるとき、賞味期限が気になると思います。

賞味期限は、製造日から180日と公式サイトに書かれていました。

お店に並んでいるのは、それよりもあとなので、少し短く感じるかもしれませんが、サクサク食べされることを考えたら、賞味期限はさほど気にならないかと思います。

白い恋人が売ってる場所はどこ?

白い恋人を買おうと思ったときは、お土産屋に行けばほとんどの場所で見つかります。

北海道で一番有名なお土産と言ってもいいぐらいなので、お土産屋で見かけないことのほうが珍しいぐらいです。

もちろん、新千歳空港札幌駅でも白い恋人は販売されていますよ。

札幌にある百貨店でも、白い恋人を販売している石屋製菓のお店があるため、気軽に買えます。

イオンでは基本的に白い恋人を買えませんが、催事などで北海道物産展があった場合は見つかるときもありますよ。

Amazonや楽天市場などの通販サイトでも買えます

白い恋人は、店舗だけでなく通販サイトでも買えます。

もし食べたいと思ったときや、北海道のお土産を配りたいと思ったときに、いつでも入手できますよ。

Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングなどで探せばすぐに見つかりますよ。

期間限定ポイントの消化などで、白い恋人を買うのも贅沢ですね!

白い恋人を安く買う方法はある?

白い恋人は、各地でお土産として販売されていますが、どこのお店でも基本的には同じ値段で売られています。割引されていることはほぼありません。

以前は半額になるキャンペーンもありましたが、今は定価で販売されています。

お土産でたくさん買うから安く買いたいと思うかもしれませんので、できる方法を以下でまとめました。

  • クレジットカード払いなどのキャッシュレスで支払う
  • 石屋製菓の店舗ならdポイントカードを提示する
  • ANA FESTAでANAカード払い、BLUE SKYでJALカード払いしてマイルをもらう
  • 株主優待を使って安くする
  • 楽天市場でポイントを使う

白い恋人を少しでも安く買うのであれば、クレジットカードをはじめとした、キャッシュレスで買うのが基本になります。支払い時に貯まるポイント分だけお得になりますからね。

空港で白い恋人を買うときは、ANA FESTAかBLUE SKYを使って、それぞれANAカードかJALカードで支払えば、特約店になっている分だけマイルが加算されてお得です。

ネットでもいいなら、楽天市場で白い恋人を買って、SPUで多くのポイントを貯める方法があります。

もしくはたくさん貯まっていたポイントの消化に白い恋人を買うのも1つですね。