日昇堂 日光ラスク ショコラ

日光ラスク ショコラ 外装
日光ラスク ショコラ 外装日光ラスク ショコラ 中身写真

日光ラスク ショコラとは?

元祖日昇堂は、栃木県・日光東照宮のほど近くに店を構える老舗の和菓子店。

日光東照宮献上菓子を多く手がけ、長年にわたり地元の人々に親しまれてきました。

そんな日昇堂が和菓子屋でありながら新たに販売したのが「日光ラスク」シリーズ。種類豊富な味があり、日光土産として人気です。

ラスクは熟練の和菓子職人が和菓子づくりの技術を用いて、ひとつひとつ丹念につくられているそうですよ。

「日光ラスク ショコラ」は、5種類のチョコラスク(ビターチョコ、苺チョコ、ホワイトチョコ、カフェオレチョコ、キャラメルチョコ)がそれぞれ2袋ずつ入ったセット。

どのラスクも特許製法によってパンの奥までチョコレートがたっぷり染み込んでいます。

ホワイト・カフェオレ・キャラメルのラスク3種類は、単品販売がなく、このセットでしか食べられない味なんですよ。

チョコラスクが好きな人は見逃せないセットですね!

日光ラスク ショコラを食べた感想

日光ラスク ショコラに入っている5つのチョコラスクについて、それぞれ食べた感想をまとめます。

ビターチョコ

ビターという名前だが意外にも甘めな味わい。食べ終わるとチョコのほろ苦さが残りました。
しつこい甘さではないので食べやすいです。

苺チョコ

甘みが強いラスク。苺の酸味があり爽やかさもあります。

ブラックコーヒーやストレートティーとよく合いそう。

ホワイトチョコ

ホワイトチョコの甘い香りがして、食べるとホワイトチョコの味わいが口の中に広がります。甘さは強め。

カフェオレチョコ

コーヒーのビターな香りがし、食べると口の中にほろ苦さが広がる。甘さは少なくちょっびり大人な味わいです。

キャラメルチョコ

ほろ苦い香りが漂う。食べるとキャラメルの独特の甘さを感じられるチョコ味。

✳︎✳︎✳︎✳︎

どのチョコラスクもチョコレートが中まで染み込んでいて、しっとりとしているのに食感はサクサク!

絶妙な軽い食感で食べる手が止まらなくなってしまいました。

ひと袋につき4粒のラスクが入っていて、「ちょっと食べたい」というときにぴったりです。

甘めから苦めまで様々なチョコラスクが楽しめる、チョコが好きな人にはおすすめのセットですよ。

日光ラスク ショコラの価格

  • 20g×10袋入り:1,320円

日光ラスク ショコラが買える場所

OMIYA!で紹介している元祖日昇堂のお土産一覧

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名日昇堂 日光ラスク ショコラ
内容量10個入り
製造者株式会社 日昇堂
製造者住所栃木県日光市今市1447
原材料植物油脂砂糖小麦粉全粉乳ココアバター脱脂粉乳ココアパウダーカカオマスキャラメルパウダー乳糖コーヒー食塩ドライイースト乳化剤、着色料(ビートレッド、カロテノイド)、香料増粘剤(グァーガム)イーストフードビタミンC
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日から75日
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 21.2cm × 奥行き 21.2cm × 高さ 8.2cm
名産地栃木県日光
販売場所日光東照宮・周辺
おみやげの種類ラスク
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。