三方六

評価★★★★★4.6
クチコミ16
三方六 外装
三方六 外装三方六 開封した写真三方六 中身の写真

三方六(さんぽうろく)とは

三方六(さんぽうろく)は、北海道の風物詩ともいえる樹木の「白樺(しらかば)」を模したバームクーヘンです。

大平原にまっすぐ伸びる白樺は、白い木肌が印象的な北海道を代表する樹木。

長く厳しい北海道開拓時代を、厳しい寒さから暖をとる薪として人々を支えてきました。「三方六」という名前は、薪の木口が縦横奥行きそれぞれ三方六寸(18センチ)だったことに由来します。

小麦、卵、砂糖に北海道産の素材を使ったバームクーヘンを白樺の薪に見立て、ホワイトチョコレートとミルクチョコレートで表面をコーティング。

白樺の美しい木肌を表現した三方六は、口に含むとふわっと溶けて広がる優しい銘菓です。

三方六を販売する柳月は、北海道の東に位置する十勝の帯広で誕生しました。
十勝は良質な小豆や砂糖の原料となるビートの名産地として知られる、お菓子作りにはこれ以上ないほど適した土地です。

昭和63年には、丁寧に仕上げた味と美しい姿を評価され第27回世界菓子コンクール「モンドセレクション」で最高金賞を受賞。

最近では「メープル」「しょこら」などの姉妹品や期間限定商品も誕生するなど、発売から50年余りの間、北海道の老舗銘菓店「柳月」の顔として多くの人々に愛され続けています。

三方六を食べてみた感想

三方六は「しっとり系バームクーヘン」の最高峰と呼ばれています。

砂糖は十勝の名産で別名「サトウ大根」とも呼ばれるてん菜を使用。
一般的なビートから採れる砂糖と比べて、口当たりが柔らかい上品な甘さが特徴です。

三方六を口に含むと、バームクーヘンのほのかな卵の風味とコーティングチョコレートの優しい甘さが、口の中にいっぱいに広がります。

上品な甘さはコーヒーや紅茶はもちろん、緑茶と一緒にいただいてもお茶の繊細な香りを邪魔しません。牛乳といただけば、甘い香りがふんわりと広がります。

また、北海道産の卵とバターの風味がしっかりとしているので洋酒との愛称も非常によく、私はワインやウイスキーのおともにいただくこともしばしば。

北海道の大地の恵みとその開拓の歴史をぎゅっと詰め込んだ三方六は、北海道が世界に誇る銘菓です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名三方六
内容量201〜300g
製造者(株)柳月KK
製造者住所北海道帯広市大通南8丁目15
原材料植物油脂、膨張剤、カカオマス、ココアバター、全粉乳、乳化剤(大豆由来)、洋酒、水あめ、鶏卵(北海道産)、砂糖(北海道産)、小麦粉(北海道産)、バター(北海道産)、香料(オレンジ由来)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限15日ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください
箱の大きさ横 22.0cm × 奥行き 7.5cm × 高さ 6.0cm
名産地北海道帯広
販売場所新千歳空港函館空港JR函館駅JR帯広駅JR小樽駅JR札幌駅砂川SA輪厚PA大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越札幌エスタ羊ヶ丘展望台
おみやげの種類バウムクーヘン焼き菓子洋菓子
価格帯1,000円以内