加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ外装
加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ外装加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ開封後加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ中身

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップとは

だだちゃ豆ポテトチップは、山形県のお土産。
上山市にある加藤物産が販売していますよ。

山形県鶴岡市の一部でしか栽培されていない、”幻の豆”ともいわれるだだちゃ豆。
“だだちゃ”は、庄内地方の方言で「おやじ」や「お父さん」という意味があります。

その昔、酒井藩の殿様が枝豆好きで、毎日枝豆を持ち寄らせては「今日はどこのだだちゃの豆か」と聞いていたことが、その名前の由来だとか。

だだちゃ豆ポテトチップにはそんなだだちゃ豆をぜいたくに使い、ほんのりうす塩味に仕上げています。

ウェーブカット(波型)仕上げで食感を出し、昔ながらの釜揚げ製法でじゃがいも本来の風味を引き立てた味わいが特徴。

姉妹品として「米沢牛ポテトチップ」もありますよ。

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップのパッケージについて

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ外装

遠目にもだだちゃ豆がよく映えるパッケージ。
袋も、文字も大きいので、売り場でもひときわ目立っていました。

中は個包装などにはなっていないため注意してください。

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップを食べてみた感想

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ中身

ウェーブカット(波型)が特徴的なポテトチップ。
ところどころに焦がした部分もみられます。

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップアップ
手に持ってみると、うっすら黄緑色をしていることがわかります。
また、表面にもパウダーがまぶされていますね。

口に入れた瞬間、香ばしい豆の香りがぶわっと押し寄せます。
噛んでいるうちにじゃがいもの味が出てきますが、想像以上に豆感が強めでした。

たとえるなら、食感はポテトチップなのに味はだだちゃ豆、といっていいほど。
だだちゃ豆好きの人なら、きっと満足できるでしょう。

おやつにはもちろん、お酒のおつまみとしてもおすすめです。

カロリーは高め

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ成分表示

米沢牛ポテトチップのカロリーは、100g当たり589kcal。
1袋120g入りなので、1袋あたりだと707kcalになりますね。

一般的なポテトチップスが1袋60gと考えると、1袋あたりの量がかなり多め。
一気に食べるとカロリー過多になってしまうため、気をつけましょう。

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップの値段

だだちゃ豆ポテトチップは1袋単位での販売で、個包装にはなっていません。

値段は以下のとおりです。

  • 1袋:390円(税込)

加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップが買える場所や通販について

山形空港をはじめ、県内の主要駅・道の駅・サービスエリアで広く購入できます。

通販の場合、加藤物産のオンラインショップ(1093(とくさん)楽天市場店Yahoo!ショッピング店)からお取り寄せ可能ですよ。

米沢牛ポテトチップもあります

加藤物産では、同じく山形名物である「米沢牛」味のポテトチップも販売しています。あわせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名加藤物産 だだちゃ豆ポテトチップ
内容量101〜200g
販売者株式会社加藤物産
販売者住所山形市上山市新金谷826-1
原材料馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油食塩粉糖、おからパウダー、麦芽糖だだちゃ豆パウダー酵母エキスパウダー調味料(アミノ酸等)香料クチナシ色素微粒二酸化ケイ素(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限120日間
保存方法高温多湿・直射日光をお避けください。
箱の大きさ横 21cm × 奥行き 29cm × 高さ 4cm
名産地山形県
販売場所山形空港赤湯駅かみのやま温泉駅新庄駅天童駅米沢駅寒河江SAにしかわ尾花沢寒河江たかはた天童温泉蔵王温泉街銀山温泉街
おみやげの種類ポテトチップ
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。