すいかどろぼう

すいかどろぼう外装
すいかどろぼう外装すいかどろぼう開封すいかどろぼう中身

すいかどろぼうとは

「すいかどろぼう」は、創作菓子が自慢の名古屋の和菓子店「小ざくらや一清(こざくらやかずきよ)」が例年6月から販売している夏季限定のおまんじゅう。

まんまるの大きな上用まんじゅうに、ひとつひとつすいかの柄を表現してあるのだとか!

公式ブログを見てみると、

これがまた楽しい作業なんですよ!遊んでるみたいです(笑)

と書いてあるのですが、普通の人なら楽しいのはせいぜい最初の3個くらいではないでしょうか。きっと、和菓子職人が天職の方なんですね。

「すいかどろぼう」というネーミングに加えてこのキャラクター、愛着わきまくりです!

すいかどろぼうを食べた感想

直径5センチ以上する、おまんじゅうとしてはビッグサイズのすいかどろぼう。

ナイフでカットするときは、本物のすいかを切るような気分になります。

種まで再現!

すいかどろぼう断面

思いがけずちゃんと赤いあんこに、黒ゴマで表現された種!皮の部分の内側が白いところも含めて、まさにすいかです。

切る前は「かわいい!」だけでしたが、中を見ると「かわいい!」と「すごい!」が半々になりました。

ただ、けっして濃い味とはいえないすいか。
あんこに負けてしまうのではないかと、お味のほうは半信半疑だったのですが…

しっとりした上用まんじゅうの皮に包まれた、本当にすいかの味がするあんこ。
販売前から何年も試作を重ねたというだけのことはありました。疑ってすみません!

そして、とってもいい香りがします。
「すいかの香り」と表現される、鮎のふんわりした香りにも似ているように思います。

すいかどろぼうフォーク

フォークでちょっと雑にあんこをすくうと、本当のすいかみたいですね。
話の尽きない、楽しさいっぱいのおみやげでした。

すいかどろぼうの価格と販売場所

すいかどろぼうは、3個入りで1350円。
手間のかかった工程と1人では食べきれないほどのボリューム感を考えると、1個400円強という価格は納得です。

取り扱いは、名古屋市中村区にある本店のほか、名鉄百貨店名古屋駅のJRギフトステーション(キヨスク)。

公式サイトの通信販売もあります。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名すいかどろぼう
内容量3個入り
製造者有限会社 小ざくらや一清
製造者住所愛知県名古屋市中村区稲上町2丁目88
原材料砂糖大手亡豆、西瓜、上用粉山芋もち粉胡麻食塩トレハロース、着色料(赤102号、赤105号、赤106号、青1号、黄4号)、香料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日
保存方法直射日光、高温多湿を避け開封後はお早くお召し上がりください。
箱の大きさ横 8.7cm × 奥行き 23.5cm × 高さ 6cm
名産地名古屋
販売場所名古屋駅名鉄百貨店本店
おみやげの種類饅頭
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。