きしめんパイ

きしめんパイ_外装
きしめんパイ_外装きしめんパイ_開封した写真きしめんパイ_中身の写真

きしめんパイとは

きしめんパイは、青柳総本家が製造している名古屋土産です。

名古屋といえば名古屋めしを思い浮かべませんか?

JR名古屋駅構内で食べられる名古屋めしに、きしめんがあります。お店の近くを通るとダシの良い香りがして、お腹がすくことも。

きしめんパイは、きしめんの平らな麺をモチーフにしていて名古屋土産にピッタリ。

ジャムなどはサンドされていないシンプルなパイですが、原材料に醤油やカツオ節エキスが使われているのが特徴です。

パッケージには、名古屋のランドマークの名古屋城などが描かれています。

きしめんパイを食べた感想

きしめんパイは2cm×12cmで、口に入れやすく食べやすいサイズです。

サクッと軽やかな食感が印象的。
甘味は控えめで、少し酸味を感じる素朴な味わいです。原材料に含まれる醤油やカツオ節エキスの味は、私には分かりませんでした。

表面にはシロップが塗られていて少しべたつきますが、個包装から少しずつ出して食べられるので手は汚れませんよ。

きしめんパイは、名古屋駅、大須本店、守山直営店、オンラインショップなどで購入可能です。

  • 10本入り486円(税込み)
  • 20本入り1,080円(税込み)
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名きしめんパイ
内容量10個入り20個入り
製造者(株)青柳総本家
製造者住所名古屋市守山区瀬古1丁目919
原材料パイ生地(小麦粉、マーガリン、砂糖、牛乳、食塩)、砂糖しょうゆかつおぶしエキス乳化剤カロチノイド色素甘味料(ステビア)香料カラメル色素(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より45日
保存方法直射日光を避け常温で保存
箱の大きさ横 15.0cm × 奥行き 20.0cm × 高さ 6.0cm
名産地愛知県
販売場所中部国際空港名古屋飛行場岐阜羽島駅三河安城駅名古屋駅豊橋駅金山駅御在所SA浜名湖SA亀山PA上郷SA大山田PA静岡SA湾岸長島PAいが関宿丸栄松坂屋名古屋店名鉄百貨店本店星ヶ丘三越名古屋栄三越ジェイアール名古屋タカシマヤ刈谷ハイウェイオアシス
おみやげの種類パイ菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。