園田屋 朝鮮飴

朝鮮飴 外
朝鮮飴 外朝鮮飴 開封朝鮮飴 中身

園田屋の朝鮮飴とは

園田屋は天正年間(1573〜1593)に創業した老舗。
江戸幕府や朝廷への献上品、諸大名への贈答品として用いられていた歴史のあるお菓子です。

もともとは「肥後飴」や「長生飴」と呼ばれていて、加藤清正公が文禄・慶長の役に持参し「天下一の保存食」と激賞したことから「朝鮮飴」と呼ばれるようになりました。

明治時代には大久保利通に「風味甘味にして製法老熟の妙あり」と賞賛。
気温や湿度の変化に応じながら練り上げる、400年変わらない伝統の製法で作られています。

園田屋の朝鮮飴をたべてみて

箱を開けるとなんと真っ白!
たっぷりの片栗粉がまぶしてあるんです。

片栗粉の中からいとつ取り出して食べてみると、モチっと弾力があって柔らかい!
飴、という名前から、硬いものをイメージされるのではないでしょうか。

しかし、朝鮮飴は水飴と砂糖を加えて練り上げた、とてもやわらかい求肥。
片栗粉がたっぷりまぶしてある理由はこのやわらかさを保つためでした。

水飴とお砂糖の優しい味わいでほっこり。

開封後、硬くなってしまった時はレンジで温めるとまた柔らかくなります。
パッケージには熊本城が描かれていて、お土産にもぴったりです!

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名園田屋 朝鮮飴
内容量16個入り32個入り
製造者園田屋
製造者住所熊本県熊本市南坪井町6-1
原材料水飴砂糖澱粉もち米
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約60日
保存方法常温
箱の大きさ横 13.5cm × 奥行き 19.5cm × 高さ 2cm
名産地熊本県
販売場所熊本空港熊本駅鶴屋百貨店
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。