福田パン監修 あんバターサンドクッキー

評価★★★★★5
クチコミ1
あんバターサンドクッキー_外装
あんバターサンドクッキー_外装あんバターサンドクッキー_開封あんバターサンドクッキー_中身

あんバターサンドクッキーとは

盛岡のソウルフードともいわれる、福田パンのコッペパンをご存知でしょうか?

福田パンは、岩手県盛岡市で1948年に創業したパン屋さんです。
独自開発したふわふわのパンと豊富なメニュー、たっぷりお腹いっぱいになるサイズ感、そしてリーズナブルな価格が魅力。

そんな福田パンで圧倒的な人気を誇るメニューが、あんことバターを組み合わせた「あんバター」です。

今回は、このあんバターをモチーフにして作られたお菓子、「あんバターサンドクッキー」を食べてみたのでご紹介しますね。

プレーンクッキーにあんバター風味のクリームを挟み、福田パン独特の柔らかいパンのイメージを表現しています。

パンをクッキーにしたら、どうなるんだろう?そんな好奇心がむくむく湧いてくるお菓子ですね。

購入場所が限られており、しかも知る人ぞ知る福田パンのお菓子!
岩手県のおみやげの新定番として、期待ができそうです。

あんバターサンドクッキーを食べた感想

筆者はこれまで、何度か福田パンのコッペパンを食べています。もちろん、あんバターは鉄板です。
毎回注文しては、「やっぱりあんバターだよね」とにんまり。

さて、そんなあんバターをクッキーにしたというお菓子です。期待を胸に、いざいただきます!

個包装を開けると、甘いバターの香りがふんわりと漂ってきます。
これから食べる方は、この香りもぜひ堪能してもらいたいですね。

クリームをサンドしたクッキーは、コッペパンをイメージさせる柔らかい色合い。
パンのようにふんわりとした食感…とはいきませんが、さくっとした軽い食べごたえです。

あんバタークリームは、思っていたほどあんこの味が強くなく、上品な甘さ。ぱくぱく食べられちゃいます。

ザクザク、シャリシャリとした食感がおもしろく、クセになりますね。

いくら人気商品とはいえ、コッペパンは日持ちしませんし、おみやげには不向きです。

そこで代わりにこのあんバターサンドクッキーを持っていけば、めずらしいおみやげとして喜んでもらえるはずですよ。

ちなみにクッキー1個当たりのエネルギーは97kcal。
厚生労働省が運営するe-ヘルスネットによると、蒸し饅頭(小)1個または缶コーヒー(190g)と同等のカロリーです。

またカスタードプリン1個が約150kcal、バタークッキー3枚が約250kcalとなっており、意外にもカロリーは控えめ。
甘いものが好きな方にとって、これはとっても嬉しいポイントですね。

あんバターサンドクッキーを買えるところ

あんバターサンドクッキーは、盛岡駅構内と東北自動車道紫波サービスエリア岩手山サービスエリアで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名福田パン監修 あんバターサンドクッキー
内容量6個入り12個入り
製造者販売者:株式会社おとぎの里 KSK
製造者住所販売者住所:岩手県紫波郡矢巾町大字広宮沢第10地割字関間501番39
原材料準チョコレート小麦粉マーガリン(食用油脂、発酵バター、バターオイル、その他)鶏卵砂糖コーンフレークアーモンド植物油脂牛乳、乾燥餡、食塩、油脂加工食品/乳化剤、着色料(カラメル、野菜色素、赤106)、膨張剤ソルビット香料、(一部に小麦・卵・乳製品・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限5ヶ月ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避けください
箱の大きさ横 18cm × 奥行き 12cm × 高さ 4cm
名産地岩手県盛岡
販売場所盛岡駅新花巻駅岩手山SA紫波SA
おみやげの種類クッキー洋菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。