春光堂 鹿児のもち

鹿児のもち 外装
鹿児のもち 外装鹿児のもち 開封

春光堂 鹿児のもちとは

春光堂は兵庫県加古川にある大正11年に創業したお菓子屋さん。

今では「加古川」という漢字を書きますが、元々は「鹿児河」だったんです。

景行天皇が播州印南野氷の丘より四方を望まれた折、氷の河の下流の大洲の形が、「鹿の児の如し、この地を鹿児と呼ぶべし」という言葉を残し、鹿児河となったと伝えられています。

そんな川の名前に由来する言い伝えからできたのが今回紹介する「鹿児のもち(かこのもち)」。

写真では見にくいのですが、鹿児のもちの中心にひとすじ入っているのは、上記の由来である鹿の背すじが表現されています。

第21回全国菓子大博覧会では裏千家家元賞受賞を受賞した加古川の名物です。

春光堂 鹿児のもちを食べてみて

材料は砂糖、餅粉、水飴のたった3つ。
厳選した餅粉を使い、あっさりとやわらかく仕上げられています。

食感はふわっと、もふっとなんとも可愛らしいお餅。

HPには「ほたほた」という言葉で表現してあるのですが、言葉で表現するのが難しい食感です。

中には何も入っておらず、お餅のみを味わうというとてもシンプルなお菓子。
優しい甘さが口いっぱいに広がりますよ。

地元ではお祝い事などで用いられるそうで、紅白やよもぎの鹿児のもちもあります。
食べたらきっとこのお餅の虜になること間違いなしです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名春光堂 鹿児のもち
内容量5個入り10個入り15個入り
製造者春光堂
製造者住所兵庫県加古川市加古川町寺家町11-2
原材料砂糖餅粉(国産)水飴
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間
保存方法常温
箱の大きさ横 6.5cm × 奥行き 20cm × 高さ 2.4cm
名産地兵庫県加古川
販売場所JR加古川駅龍野西SA
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。