宮古島マンゴークランチ

評価★★★★★4
クチコミ1
宮古島マンゴークランチ 外装
宮古島マンゴークランチ 外装宮古島マンゴークランチ 中身全体宮古島マンゴークランチ 中身

宮古島マンゴークランチとは

マンゴー栽培が盛んな宮古島。

生のマンゴーが販売されているのはもちろんのこと、マンゴーを使用したお土産もたくさん作られています。

そんなお土産のうちのひとつが、宮古島マンゴークランチ。

マンゴーをピューレ状にしたものをクランチに仕立ててあります。

個包装の袋が黒地にオレンジという高級感漂うデザインなのも嬉しいところ。

12個入りで648円(税込)という値段も魅力的。

職場へのお土産や、大人数のグループに対してたくさんのお土産が必要な時に重宝しそうですね。

宮古島マンゴークランチを食べた感想

半年間宮古島に住んでいた私。

そんな私が夏の宮古島で見たのは、サトウキビよりも黒糖よりも、マンゴーがたくさん売り出されている様子でした。

それくらいマンゴーの栽培が盛んなんですね。

写真はマンゴーのお土産菓子「マンゴークランチ」。

口に入れてみると、ザクザクとした食感。

マンゴーの風味が口いっぱいに広がりながらも、砂糖の甘みもかなり強く感じられます。

1個1個が小さいので、気をつけないと次から次へと食べてしまいそうですね。

パッケージにまつわるお話

外装の左上には橋の写真が印刷されていますが、この橋は「伊良部大橋」と呼ばれています。

宮古島の周囲には3つの小さな島と橋で繋がっているのですが、その中でも一番長い橋が「伊良部大橋」。

晴れた日に、車で伊良部大橋を渡るだけでも最高に気持ちいいですよ。

橋の途中で車を停車できるスペースもあるので、橋からの景色を写真に収めることもできます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名宮古島マンゴークランチ
内容量12個入り
製造者南風堂(株)
製造者住所沖縄県糸満市西崎町4−15−2
原材料砂糖食用植物油脂乳糖小麦粉鶏卵全粉乳ココアパウダー脱脂粉乳、粉末状マンゴーピューレ、ショートニングもち米粉食用乳化油脂加工デンプンカロチノイド色素乳化剤香料膨張剤ソルビット酒精、増粘材(キサンタン)、(原材料の一部に大豆、豚肉、オレンジを含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2ヶ月ほど
保存方法直射日光を避け、涼しい所に保存
箱の大きさ横 17.8cm × 奥行き 28cm × 高さ 3.5cm
名産地沖縄県糸満
おみやげの種類クランチ
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。