ホワイトデーにプレゼントをお返しする意味とは?渡すお菓子のおすすめランキング

スポンサーリンク

バレンタインデーでプレゼントをもらえましたか?

プレゼントをもらえると、どういう形であれうれしいものです。

お菓子の種類によって意味がちがってくる?

3月14日のホワイトデーに向けて、お返しに何を渡そうか迷っていませんか?
直前になるまでなかなか決められないことも多いかもしれません。

そこで今回は、ホワイトデーでお返しとして渡すのにオススメのお菓子をランキングで紹介します。
意外と知られていない、そのお菓子に込められた意味についてもあわせてお伝えしていきますね。

ホワイトデーにおすすめのプレゼントランキングとそれぞれの意味

渡す相手の好みがわかっていれば選びやすいものの、なかなかそこまで把握できないことも多いと思います。
少しでも選びやすくなるように、今回は種類ごとにランキングを作ってみました。

早速見ていきましょう!

※ ランキングは個人的な意見です。

5位:キャンディー

「ホワイトデーでキャンディー?」と思うかもしれませんが、知る人ぞ知るホワイトデーの定番です。

というのも、キャンディーには「あなたが好きです」という意味が込められているから。
元々のいわれは不明ですが、味が長続きするからという説もあります。

キャンディーだけでは少しさみしいので、焼き菓子などといっしょに大切な人に渡すのも一つの方法ですね。

江ノ電キャンディーケース アップ

参考:江ノ電キャンディーケース

4位:マシュマロ

4位にはなりましたが、渡す際には注意が必要です。
マシュマロには「あなたが嫌い」という意味が隠されているからです。
味気なく、ぱさぱさしているからだともいわれています。

何も知らずに渡してしまうと誤解を生んでしまいそうですね…
まちがって彼女さんなどに渡してしまわないように注意しましょう。

ただ、中にチョコレートが入っていれば、相手がくれたチョコ(思い)をマシュマロという愛で包んでいるという意味になるとか。

とはいえ、マシュマロを渡したいのであればメッセージを添えるなどして誤解されないようにしたほうがいいかもしれませんね。

カモヘイマシュマロ アップ

参考:カモヘイマシュマロ

3位:マカロン

近年人気急上昇のマカロン。
マカロンには「特別な人です」というメッセージが込められているとのことです。

見た目がカラフルで、かわいらしく、たしかに特別感のあるお菓子ではありますよね。
仕事でお世話になっている先輩や上司に渡すのもオススメです。
本命の人に渡すのもいいかもしれませんね。

東京グランマカロン 中身の写真

参考:東京グランマカロン

2位:クッキー

クッキーには「あなたは友達」という意味が込められています。
サクッとドライだから…との説もあります。

たしかにクッキーなら気軽に渡せそうですよね。
仲の良い友達に渡す感覚であれば、クッキーも選択肢に入れるといいでしょう。

鹿児島ホワイトクッキー白くま親子中身

参考:鹿児島ホワイトクッキー白くま親子

1位:チョコレート

受け取る人のなかには「芸がない」と思う人も一部います。
ただ、チョコレート好きの人も多いので、喜んでくれるだろうと思ったのであれば問題ないでしょう。

ちなみに、チョコレートに隠された意味は特にないとのこと。
種類も豊富で選びやすいことから1位に選びました。

ロイズ生チョコレートオーレ 開封した写真

参考:ロイズ生チョコレートオーレ

お菓子に込められた意味を知っている人は少ない

ホワイトデーにお返しとして渡すのにオススメのお菓子を紹介しました。

お菓子の種類によって隠されたメッセージがあるというのはあまり知られていません。
Twitterのアンケート機能で知っているか教えてもらったところ次のような結果を得られました。

  • 渡す側:知っている人3人、知らなかった人17人
  • 渡される側:知っている人14人、知らなかった人23人

渡す側の男性は知らなくて、渡される側の女性は知っているという状況が生まれやすそうな比率です。

男性は少し意識してお菓子を選んで、もらう側の女性は「知らずに選んでいるだろう」と認識しておくと良さそうですね。

あまりこういうのに縛られなくてもいいかなと思いつつ、何を選べばいいか迷うときには一つのヒントにできるかと思います。

ホワイトデー関連の記事はこちら

百貨店の記事はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いた人

Keisuke Oki

兵庫県在住のライター。教育機関での社会人経験を経て、今に至ります。 甘いものには目がないので、楽しみながら執筆中。最近では白米のかわりにお菓子を食べています。

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!