バウムクーヘン妖精の森

評価★★★★★4.5/5
クチコミ2
妖精の森 開封写真
妖精の森 開封写真妖精の森 中身写真妖精の森 外装
スポンサーリンク

妖精の森について

妖精の森は、北海道みやげのバウムクーヘンです。
製造・販売しているのは、北海道砂川市に本店を置いている北菓楼(きたかろう)。

厳選された北海道産の材料を使用し、ていねいに焼き上げる独自の製法で「しっとりバウムクーヘン」を実現しました。

個包装タイプとホールタイプの2種類があります。ホールタイプは、高さも選べます。

オンラインショップでは、妖精の森に焼印を入れてもらえます。のしもつけてもらえますし、1個からでも受け付けてもらえますよ。

ブライダルギフトだけでなく、誕生日プレゼントや出産祝い、内祝いにも利用しやすいですね。

妖精の森の外箱や付属している冊子には、バウムクーヘンや妖精にまつわるストーリーが書かれています。
しかし、妖精の森という名称の由来は書かれておらず、どうしても気になったので北菓楼の方に問い合わせてみました。

いただいた回答がこちらです。

当社では、お菓子は、生きていく上で必要なものではありませんが、笑顔やゆとり、やすらぎの時間を与えてくれるものだと考えています。

ですので、北菓楼のお菓子の名前には、天使や夢といった神秘的なイメージのネーミングが多く「妖精」もそのひとつの流れになります。
バウムクーヘンは、ドイツ語でバウム(木)+クーヘン(菓子)で、木の年輪に見えることから名づけられていますが、森の中にある切り株に佇む妖精というのをイメージして冊子にあるストーリーなどをつくりました。

お客様それぞれが北海道の自然を思い描いたり、お菓子の世界を想像してお召し上がりいただければ幸いでございます。

このような背景を思い浮かべながら食べると、よりおいしくいただけそうですね。

 妖精の森を食べた感想

包装を開けると、メープルの甘い香りがふんわりと広がってきました。

外側は、ザラメのようなジャリっとした歯ざわりがあります。
内側は、しっとりやわらか。パサつきはまったく感じません。

香りに違わず甘味たっぷりでやさしい味でした。

甘いもの好きの人ならきっと好きな味です。
コーヒーや紅茶とも相性バッチリ。

わたしの子供も「ふわふわであまくておいしい!」とニコニコ食べていました。
個包装タイプは、子供も持って食べやすいジャストサイズだったようです。

今度は、妖精の森ホールタイプと食べ比べてみようと思います。

 妖精の森の種類と値段

個包装タイプ

  • 8個入り 税込1,223円
  • 12個入り 税込1,779円

 
ホールタイプ(北菓楼 丸井今井札幌店では異なる価格となります)

  • 4cm 税込1,165円
  • 6cm 税込1,694円
  • 8cm 税込2,329円

焼印は「祝」、「寿」のみ北菓楼全店での予約ができます。
その他の焼印を希望する場合は、オンラインショップや通販センター(発送専用窓口)での注文となります。

無料で選べる焼印の文字メニューは、90種類以上。
メニュー外の焼印はオーダーとなるため有料で、3週間〜1ヶ月前後かかります。
希望される場合は、この部分を考慮した上で注文してください。

妖精の森を購入できる場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名バウムクーヘン妖精の森
内容量1個入り8個入り12個入り
製造者株式会社 北菓楼 K2
製造者住所北海道砂川市西1条北19丁目2番1号
原材料小麦粉砂糖澱粉植物油脂デキストリン乳化剤バター膨張剤香料全粉乳コーンスターチ洋酒アーモンド乳たん白はちみつオリゴ糖酸化防止剤(V.E)クリーム(乳製品)転化糖リン酸塩Na乳脂肪増粘剤(キサンタン)、バニラペースト(砂糖、バニラビーンズ)、(原材料の一部に、大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限約1ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿を避けて常温で保存してください。
箱の大きさ横 28.8cm × 奥行き 21.6cm × 高さ 4.9cm
名産地北海道
販売場所旭川空港新千歳空港函館空港釧路空港女満別空港輪厚PA大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越
おみやげの種類焼き菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内4,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!