横濱ラングドシャ

横濱ラングドシャ 外観
横濱ラングドシャ 外観横濱ラングドシャ 開封した写真横濱ラングドシャ 中身の写真
スポンサーリンク

横濱ラングドシャとは?

横濱ラングドシャは、創業60年を誇る洋菓子メーカーであるフランセが平成28(2016)年に販売を開始したクッキー菓子。
フランセが展開する、「横濱セレクション」のなかのひとつです。

コーヒー風味のチョコレートをクッキーでサンドしており、観覧車や赤い靴、みなとみらいの海辺の景色など、横浜のモチーフを描いたレトロなパッケージに包まれています。

横浜に行ったことがある人なら懐かしさを感じられそうですね。

ちなみにラングドシャとは、フランス語で「猫の舌」という意味。
もともとは猫の舌のような形に焼き上げていたことが、名前の由来といわれています。

横濱ラングドシャを食べた感想

ビスケット生地はさくさくとした軽い食感で、サンドされたチョコレートは思ったよりも厚みがあります。

クッキーはやさしい甘さですが、チョコレートにはコーヒーならではのほろ苦さがあるので、少し大人向けのクッキーかもしれません。

常温で持ち運びでき、賞味期限も半年以上と長いので、時間や場所を選ばずに購入できるお土産でもあります。

今回は東京駅の改札外にあるアトレ上野の1階で購入しました。
フランセの店舗は全国にありますが、横濱ラングドシャを購入できるのは、東京都内と横浜近辺の店舗だそうです。

公式ホームページに店舗一覧が載っているので、購入前に確認しておくと確実です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名横濱ラングドシャ
内容量6個入り12個入り18個入り24個入り
製造者株式会社フランセ
製造者住所横浜市金沢区福浦2-9-4
原材料小麦粉砂糖植物油脂食塩デキストリン乳化剤鶏卵脱脂粉乳膨張剤香料カカオマスココアバターココアパウダー洋酒マーガリン発酵バターバターオイルコーヒーソルビトール着色料(カロテノイド)(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限約6か月
保存方法直射日光、高温多湿を避けて涼しい場所で保存してください。
箱の大きさ横 7.7cm × 奥行き 18.9cm × 高さ 4.0cm
名産地神奈川県横浜
販売場所新横浜駅東京駅上野駅横浜駅伊勢丹府中店伊勢丹新宿本店伊勢丹立川店そごう横浜店二子玉川東急フードショー
おみやげの種類ラングドシャ焼き菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!