ワッカナイポテマルコ

ワッカナイポテマルコ外装
ワッカナイポテマルコ外装ワッカナイポテマルコ中身ワッカナイポテマルコ中身(拡大)
スポンサーリンク

ワッカナイポテマルコとは?

日本最北のまち、北海道稚内市。

夏は冷涼な気候、冬は厳しい寒さの稚内勇知地方で育つじゃがいも「勇知いも」は、冬期間に雪氷貯蔵庫で保管され、ひと冬越して春には果物並の糖度になります。

「勇知いも」は、かつて天皇陛下に献上されたことがある幻のブランド。

稚内市では2012年に、日本最北の豊かな自然から生まれた食と文化・自然等の地域資源を稚内の魅力を伝える「稚内ブランド」として認定しました。

稚内ブランドには、宗谷のほたて貝、宗谷のたこや稚内のほっけなどの水産物、宗谷黒牛や勇知いもなどの農畜産物、鮭とば、宗谷の塩、白いカレーラーメンなどの加工食品、稚内港北防波堤ドームや宗谷岬などの地位資源など全35点があります(2017年4月現在)。

認定されたブランドには、ハートマークの「稚内ブランド認定マーク」を付けていますよ。

ワッカナイポテマルコは、稚内ブランドに認定された「宗谷の塩」と「勇知いも」を皮ごと使った稚内ならではのじゃがいもクッキーです。

クッキーは、中にホワイトチョコを入れた”しろポテマルコ”とブラックチョコレートを入れた”くろポテマルコ”の2種類があります。

ワッカナイポテマルコを食べた感想

ホワイトチョコの”しろポテマルコ”は封を開けると、クッキーの甘い香りが漂います。その香りは強くはなく、やさしい感じ。

口に入れると最初にクッキーの甘さが、後からホワイトチョコレートの甘さが広がります。2つのやさしい甘さがお互いを消すことなく、一体となってうまくまとまっている。

ブラックチョコレートの”くろポテマルコ”は、食べる前からチョコレートの香りが前面に出ています。

食べた瞬間にクッキーの甘さとブラックチョコレートの甘さを同時に感じます。ブラックチョコレートの強い個性をうまく生かしながらも、クッキーの甘さを消すことがない絶妙なバランス。

どちらも「勇知いも」を皮ごと使っていますが、じゃがいもの食感は感じません。しかし、口の中で広がるしっとりやわらか食感は、舌触りが非常にいい。

クッキーのやさしく上品な甘さが角が立っていないと感じるのは、砂糖を使った洋菓子のクッキーとしての甘さではなく、厳しい寒さの中で強く育ったじゃがいもの甘さだから。自然の甘味です。

素材が持つおいしさをうまく生かしている味に、大満足です。

ワッカナイポテマルコの購入場所

稚内ブランドを購入できる主な場所は、JR稚内駅とバスターミナル、道の駅わっかない、みなとオアシスの4つが併設された施設「キタカラ KITAcolor」内のワッカナイセレクトです。

ワッカナイポテマルコは、製造・販売しているオレンジエッグ本店、またはワッカナイセレクト内にあるオレンジエッグ キタカラ店とキタカラ KITAcolorから約1kmほど離れた稚内副港市場内にある「りしり富士や」で購入できます。

日本最北のまち稚内を訪れた際には、購入してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ワッカナイポテマルコ
内容量6個入り
製造者オレンジエッグ / 株式会社てっぺん
製造者住所北海道稚内市若葉台2-1-4
原材料小麦粉、じゃがいも(北海道稚内産)、植物油脂バターグラニュー糖、トレハース、チョコレート
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限60日
保存方法直射日光、高温多湿を避け保存してください
箱の大きさ横 15.9cm × 奥行き 10.0cm × 高さ 5.0cm
名産地北海道
販売場所わっかない
おみやげの種類クッキー
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!