運だめし

スポンサーリンク

運だめしについて

明治13(1880)年、宮崎県宮崎市で創業した老舗和菓子店の「金城堂」さんから、「運だめし」のご紹介です。

宮崎県の日南海岸にある、地元で「鵜戸さん」と呼ばれ親しまれている「鵜戸神宮」。鵜戸神宮では、本殿前の亀石に向かって運玉を投げ、枡形のくぼみに入ると願い事が叶うと言われています。

この「運だめし」は、亀石に投げ入る運玉占いの素焼きの玉「運玉」をかたどった焼き菓子です。

串間の寿芋を使った芋餡が入った生地の表面には、「運」の文字が入っています。その見た目は運玉そっくり。食べやすい一口大の饅頭です。

オンラインショップでもご購入いただけます。

運だめしを食べた感想

宮崎県の有名な観光地の1つでもある鵜戸神宮。そこでみんながやっているのが「運玉投げ」。

その運玉投げで使う「運玉」そっくりのおまんじゅうがこの「運だめし」です。サイズは本物の運玉より大きめだと思います。

お味はシンプルですが、見た目がかわいいので買いたくなる商品です。

私も1度だけ鵜戸神宮へ行ったことがありますが、「運玉投げ」はとても楽しいので、宮城県に行った際は是非立ち寄って挑戦してみてください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名運だめし
内容量5個入り10個入り
製造者株式会社 金城堂
製造者住所宮崎県宮崎市橘通東2ー2ー1
原材料(原材料の一部に大豆・乳を含む)、砂糖練乳膨張剤マーガリン蜂蜜、寿芋(宮崎県産さつま芋)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限約15日間
保存方法涼所で保存し、お早めにお召し上がりください。
箱の大きさ横 9.5cm × 奥行き 20.5cm × 高さ 4.0cm
名産地宮崎県
販売場所宮崎空港
おみやげの種類饅頭和菓子焼き菓子
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!