ティグレ

ティグレ外装
ティグレ外装ティグレ中身ティグレ アップ
スポンサーリンク

ティグレについて

黄色と黒のパッと目をひくパッケージ、「ティグレ」。
日本語では馴染みのない響きですよね。

Tigreと書いてフランス語で「虎」を意味するそうです。
箱に由来が書いてあったのでご紹介しますね。

「焼きあがり後、生地の隙間からチョコチップが顔を出し、その模様が「虎」を連想させることから『ティグレ』と名づけられた」

フランスではスーパーで販売しているほど身近なお菓子なんだとか。

見本を見るとチョコチップ入りの丸型の生地で、真ん中のくぼみにチョコレートが入っている焼き菓子でした。
ポイントは焦がしバター、アーモンド、チョコレートのハーモニーだそうです。

ちなみに監修は「ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北の」というフランス料理屋さん。
2016年のミシュランガイド兵庫で、1つ星を獲得したお店です。2年連続なんだとか。

私はJR三宮駅にあるキオスクで購入しました。

ティグレを食べた感想

生地の食感はフィナンシェよりもかためでした。ですが、バターが効いていてしっとり感もあります。
生地の食感に、ちりばめられたチョコチップのつぶつぶがアクセントになっていました。

食べていると、そういえば真ん中のくぼみにあったチョコレートにはいつたどり着くんだろう?と思いました。

見てみるとすでにチョコレートを食べていたんです。
そういえば濃厚なチョコレートの味はしていました。

食感に気づかないくらい、チョコレートがやわらかかったんだと思うとびっくり。
一見硬そうだったので、とっても意外でした。生地よりもやわらかくて、かといって流れてしまわない絶妙なバランスですね。

1つでも充分お腹いっぱいになりました。
洋菓子が好きな方には、一度召し上がっていただきたいです。
ちょっと大きめなので、カットしてお茶菓子にもお使いいただけますね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ティグレ
内容量5個入り
製造者新栄観光株式会社
製造者住所大阪府堺市南区原山台1丁 2-4
原材料小麦粉バター香料乳化剤(大豆由来)卵白植物油グラニュー糖(原材料の一部に大豆を含む)水あめアーモンドパウダー、チョコレート(カカオペースト、砂糖、カカオバター)、ココアクリーム(砂糖、ココアパウダー)、加工油
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限約3週間
保存方法直射日光を避け、冷暗所で保存して下さい。
箱の大きさ横 8.5cm × 奥行き 24.1cm × 高さ 5.7cm
名産地兵庫県神戸
販売場所新神戸駅三ノ宮駅
おみやげの種類洋菓子
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!