旅がらす

評価★★★★★5/5
クチコミ1
旅がらす 外装
旅がらす 外装旅がらす 開封した写真旅がらす 中身の写真
スポンサーリンク

旅がらすとは

旅がらすは、温泉水を使って作る鉱泉せんべいにミルククリームを挟んだ群馬のお菓子。
前橋市に本社を置く「旅がらす本舗 清月堂」が製造しています。

もともと磯部煎餅などの和菓子を手がけてきた清月堂ですが、高度成長期の洋菓子ブームが転機となり、クリスマスケーキのクリームを磯部煎餅に塗ったところ、和と洋の味わいを兼ね備えた新しいお菓子が生まれた、というのが誕生のきっかけだそう。

鉱泉せんべいの「和」の要素と、ミルククリームの「洋」の要素が混ざり合い、お茶・紅茶・コーヒーなど様々な飲み物に合わせやすい、一風変わった洋風せんべいとなっています。

名前の由来は、日本神話に登場し、導きの神として知られる「八咫烏(やたがらす)」にちなんで付けられたそうですよ。

昭和33年発売と歴史は古く、県内ではお馴染みの上州銘菓。
お土産としてはもちろん、自宅用におやつとして購入することも多く、群馬県民なら誰もが一度は食べたことがある、どこか昔懐かしい素朴なお菓子です。

旅がらすを食べた感想

「旅がらす」の文字と日本刀が描かれた袋に、ひとつずつ個包装された丸いおせんべい。
この丸い形も日本刀の鍔(つば)をモチーフにしているそうで、おせんべいの表面には刀を通す楕円形の穴が描かれています。

薄焼きの鉱泉せんべいはサクサクと軽やかな食感。じんわり甘く、鉱泉水由来のかすかな塩気も感じられます。
あいだに挟まったミルククリームもとても軽い口当たり。まろやかなミルクのコクと優しい甘みが心地よく、あっという間に1枚食べきってしまいました。

おせんべいというよりはゴーフルに似た味わいで、どちらかというと洋菓子に近いと思います。
「特に紅茶の味とマッチしたお菓子でございます」とパッケージに書かれているとおり、香ばしい食感と控えめな甘さは紅茶との相性ピッタリ。浅煎りのコーヒーにも合うお味ですね。

常温でもおいしいですが、冷蔵庫で冷やして食べると、クリームがひんやりしてまた違ったおいしさが楽しめます。特に夏場はクリームが柔らかくなり、味がぼんやりしがちなので、「冷やし旅がらす」をオススメします。

定番のミルククリームの他に、チョコクリームやレモンクリームを挟んだ「ゴールド旅がらす」、群馬県産の地粉を使用し6種の味を揃えた「プレミアムゴールド旅がらす」もあります。
個人的にはゴールド旅がらすのレモンクリームが好きで、自分用はいつもゴールドが入ったセットを購入しています。

清月堂の店舗と高崎駅では、贈答用の箱入りや手軽に買える袋入りなどが揃い、用途に寄っていろいろ選べますよ。群馬県民のソウルフード、優しい味の「旅がらす」。ぜひお土産にいかがでしょうか。

旅がらすを購入できる場所

その他、群馬県内のスーパーマーケットでも販売しています。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名旅がらす
内容量8個入り16個入り24個入り32個入り47個入り
製造者株式会社 旅がらす本舗 清月堂
製造者住所群馬県前橋市新堀町399-6
原材料小麦粉砂糖植物油脂乳化剤香料ブドウ糖ショートニング酸化防止剤(V.E)粉糖乳等を主原料とする食品(原材料の一部に大豆を含む)、水(鉱泉水)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限120日
保存方法高温多湿・直射日光を避け常温にて保存してください。
箱の大きさ横 12.7cm × 奥行き 28.6cm × 高さ 3.5cm
名産地群馬県
販売場所高崎駅
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!