三方六メープル

三方六メープルの外装
三方六メープルの外装三方六メープルの中身三方六メープルの中身(拡大)
スポンサーリンク

三方六メープルとは?

「三方六メープル」は北海道の十勝地方、帯広市に本社がある菓子メーカー「柳月(りゅうげつ)」のお菓子。

三方六(さんぽうろく)は、北海道開拓100年を記念して作られた薪の形のバウムクーヘン。
三方六寸(18センチ)に切られた白樺の薪をイメージしていますよ。

バウムクーヘンの外側にはチョコレートをコーティング。白樺の樹の肌を模しているバウムクーヘンは、三方六ならではです。

三方六のメープルには、生地にメープルシュガーとメープルシロップが贅沢に練り込まれています。三方六本来のしっとり感も特徴の1つ。

1箱に1本入っていますが、10等分になるようにあらかじめ切れ目が入っています。食べやすいのも嬉しいポイントですね。

紹介しているメープル味の以外にも他の種類が展開されています。

小割シリーズは一つ一つ個包装されているので、職場や学校でも配りやすいお土産ですよ。

柳月の各店舗の他、柳月のオンラインショップでも購入することができます。

三方六メープルを食べてみての感想

北海道の有名なおみやげの1つ「三方六」のメープル味を初めていただきました。

袋を開けると、ふんわりとメープルならではのいい香りが漂ってきまます。

箱に美味しい食べ方の表記がありました。
寒い時期や冷蔵保管の場合、バターの脂肪分が固まり食感がわるくなることがあるそう。

その場合は、室温(25℃前後)で30分ほどに戻すと、しっとりと美味しくいただけます。

バウムクーヘンですが、あらかじめ切れ目が入っているので、とても食べやすいのはうれしいですね。

一口食べると、メープルの優しい甘みと風味が口の中いっぱいに!メープルシュガーとメープルシロップが、一層一層に贅沢に練り込まれていることがわかります。

メープル味でもしっとり感はそのまま。しっとりしたバウムクーヘンは三方六の特徴ですね。

白樺を模した見た目も雰囲気があります。
しっとりとしたバウムクーヘンは飽きがこず、ついついもう1つと手が伸びるような美味しさでしたよ。子どもでも食べやすいお菓子です。

北海道のお土産としてだけではなく、お茶菓子や手土産としてもおすすめしたい一品です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名三方六メープル
内容量1個入り
製造者(株)柳月KK
製造者住所北海道帯広市大通南8丁目15
原材料鶏卵、糖類(砂糖、メープルシュガー、水あめ、メープルシロップ)、小麦粉バター植物油脂全粉乳ココアバター、黄な粉(大豆・遺伝子組み換えでない)、カカオマス乳化剤膨張剤香料(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限21日間
保存方法直射日光や高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 7.4cm × 奥行き 22.0cm × 高さ 6.0cm
名産地北海道
販売場所新千歳空港JR旭川駅大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越
おみやげの種類バウムクーヘン
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!