サバカレー

評価★★★★★4/5
クチコミ1
スポンサーリンク

サバカレーについて

千葉県民のみならず、インド人がサバを抱えている黄色い缶詰を一度は見たことはないでしょうか?

サバカレーは千葉県の銚子市にある「信田株式会社」の製品で、銚子工場で作られています。

きっかけは、20年前に玉置浩二さんのテレビドラマで脚光を浴び、今では20年以上のロングセラーとなっている商品。

クックパッドでもサバカレーを使ったレシピなどが紹介されるなど、いまでも不動の人気商品です。

一時期、サンマ騒動で世間を騒がせましたが(今は問題ないです)、それでも人気は衰えず、千葉の観光地のおみやげコーナーでは、度々目にします。

千葉県のコンビニでも一時期売られていることもあるぐらい定番になっていますよ。

サバカレーを食べた感想

まずは、お皿に盛り付けをしてレンジで温めます。レンジのドアを開けた瞬間、サバの香ばしい良い匂いがして、とても食欲がそそられました。

カレーのルーなのでご飯と一緒に食べるのがベストです。もちろんそのままでも美味しく頂けますよ。

缶詰なので賞味期限3年もあり、しかも簡単に美味しく頂けるので、非常食用品としても優れています。

また、一人暮らしの方には最適な一品と言えます。
それと、忙しい主婦の方にもきっと救世主並みの働きをしてくれることでしょう。

実際、カレーのルーに包まれたサバを一口食べてみると、思いのほかスパイシーでした。小さいお子さんにはちょっと辛いかもしれませんが、小学生以上なら特に問題ないと思います。

私はカレーということで、ご飯と一緒に食べましたが、これがまたサバが良い味を引き立てています。

サバといえば、「サバの味噌煮」を連想させますがカレーとも相性抜群です。
臭みもなくこんなカレーも全然アリだなぁ〜って思いました。

1缶230円と手頃な金額でもありますので、特に共働きの家族や一人暮らし向けのおみやげとして、「千葉県名産のサバカレー」購入してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名サバカレー
内容量101〜200g
製造者信田缶詰株式会社
製造者住所千葉県銚子市黒生町7400番7
原材料唐辛子抽出物、砂糖食塩調味料(アミノ酸等)バター酸味料植物油カラメル色素、さば、でん粉香辛料カレー粉ウスターソース(原材料の一部に卵を含む)、野菜(馬鈴薯、玉ねぎ、人参、にんにく、生姜)、動物油、ビーフブイヨン
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限開封前は製造日より3年
保存方法開封前は常温
箱の大きさ横 7.6cm × 奥行き 7.6cm × 高さ 5.9cm
名産地千葉県
販売場所成田国際空港市原SA君津PA幕張PA酒々井PA湾岸幕張PA南房パラダイス
おみやげの種類缶詰
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!