大野屋 高岡ラムネ(花尽くし)

大野屋 高岡ラムネ花尽くし 外装
大野屋 高岡ラムネ花尽くし 外装大野屋 高岡ラムネ花尽くし 開封した写真大野屋 高岡ラムネ花尽くし 中身の写真
スポンサーリンク

大野屋 高岡ラムネ(花尽くし)について

大野屋は、創業天保9年という歴史を持つ老舗の和菓子屋さん。
そんな大野屋が手がける「高岡ラムネ」は、お店を代表する銘菓のひとつ。

高岡ラムネのコンセプトは、”大人が愉しめるラムネ”。
昔ながらの木型を使って、ひとつひとつ職人さんが手作りしているのが特徴的です。
季節や行事にあわせたラムネ作りをしているので、時期によって異なるラムネを楽しむことができますよ。

今回ご紹介するのは、高岡ラムネの「花尽くし」という品。
他にも、御車山、宝尽くし、貝尽くし、秋けしきなどの種類があります。
それぞれラムネの形だけでなく味も異なるので、季節ごとのラムネを選べば一年中楽しめますね。

ちなみに、花尽くしは国産いちご味。
桜、梅 紫陽花、朝顔、撫子、桔梗、菖蒲、牡丹、楓、菊などの花々を模したラムネが入っています。
日本の四季を思わせる花のラムネが楽しめるので、海外の方へ贈っても喜ばれそうですね。

大野屋 高岡ラムネ(花尽くし)を食べた感想

パッケージにも花が描かれているので、手元にあると華やかな気持ちになります。
思わずパケ買いしたくなるような、乙女心をくすぐる外装が魅力的!

開封すると、中には10粒の花を模したラムネが入っていました。
いちご味だからか、見た目もほんのりと淡いピンク色をしています。

ラムネは指先ほどの小ぶりなサイズですが、その繊細なつくりに驚きました。
どのラムネも、まるで本物の花をそのまま小さくしたかのようです。
細部まで忠実に再現された花のラムネたちは、まさに職人技!と感嘆してしまうほど。

ひとくち食べると、まろやかないちご味が口いっぱいに広がります。
やさしくて、少しだけ甘酸っぱさもあるいちごの味は、ラムネがとけたあとも余韻として残るほどでした。

目を喜ばせ、味の余韻も楽しめるところなど、まさに大人のラムネといった感じですね。
1粒ずつ大事に味わって食べたくなるような、そんなラムネです。

大野屋 高岡ラムネ(花尽くし)の価格

  • 10個入り 540円

大野屋 高岡ラムネ(花尽くし)を買える場所

ほか、大野屋のオンラインショップでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名大野屋 高岡ラムネ(花尽くし)
内容量10個入り
製造者(株)大野屋
製造者住所富山県高岡市木舟町12
原材料ブドウ糖米粉、いちご粉末、クエン酸デキストリン
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて常温で保存
箱の大きさ横 10cm × 奥行き 13.8cm × 高さ 2cm
名産地富山県
販売場所富山空港新高岡駅富山駅JR高岡駅
おみやげの種類ラムネ
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!