林檎仙

スポンサーリンク

林檎仙とは

手のひらサイズが愛らしい林檎仙は、青森市に本店を構える和菓子店「おきな屋」のお菓子。
おきな屋では大正7年の創業以来、地元・青森の素材を最大限に活かしながら、安心かつ美味しいお菓子づくりをモットーにしています。

流行りを追ったオシャレなお菓子ではありませんが、添加物を使用せずに安全な材料を追求し、100%自家製あんを使用するなど手間ひまをかけて作られています。

そのため、おきな屋のお菓子はどれも安心して食べることができ、世代を越えて長く愛されるものばかりなのです。

青森県の名産品であるりんごを使ったお菓子が多いですが、林檎仙もそのうちのひとつ。
名前とパッケージだけではどんなお菓子かわからなかったので、楽しみに持ち帰りました。

林檎仙を食べてみて

林檎仙の箱をひらくと、りんごの果肉の色を彷彿とさせるような薄黄色のきんちゃく状の小さな袋が並んでいました。

そして、中からはたっぷりのきな粉に包まれたひと口大のお餅が顔を覗かせます。

甘くやわらかい求肥をほおばると、やさしい酸味の無添加林檎ジャムがほどよいアクセントになり、甘ずっぱい味わいがひろがりますよ。

お餅の中には隠し味として、「幻のコニャック」と呼ばれるジャンフィユー・オードヴィリキュールを忍ばせてあるのだとか。

自家製の林檎ジャムは青森県産の紅玉(こうぎょく)を使用しており、添加物は入っていません。
体に優しい素朴な材料を使っているので、子どもからお年寄りまで安心して食べられますね。

林檎仙の種類と値段

  • 6個入り:416円
  • 12個入り:827円
  • 24個入り:1,653円
  • 36個入り:2,474円
  • 48個入り:3,294円

林檎仙が買える場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名林檎仙
内容量6個入り12個入り24個入り36個入り48個入り
製造者株式会社 翁屋
製造者住所青森県青森市南佃1-18-15
原材料砂糖水飴洋酒植物油白玉粉きな粉(大豆)、砂糖(和三盆糖、上白糖)、米粉(青森産)、林檎ジャム
賞味期限1週間
保存方法直射日光を避け、常温で保存
箱の大きさ横 8cm × 奥行き 10.8cm × 高さ 4.2cm
名産地青森県
販売場所青森空港
おみやげの種類
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!