大原松露饅頭

評価★★★★★4.7/5
クチコミ6
スポンサーリンク

松露饅頭とは

日本三大松原のひとつである、佐賀県唐津市の虹の松原。

その昔、そこに自生していた「松露」というキノコの、コロコロとしたつぶらな形に似ていたことから名付けられたこのお菓子。

豊臣秀吉の朝鮮出兵後に高麗から伝わった焼き饅頭に、江戸時代に創業した元祖あわび屋惣兵衛が創意工夫をこらし、時の藩主に献上したのが松露饅頭の始まりです。

その上品な味は、現代の今でも元祖あわび屋大原老舗によって守り継がれています。

小豆のこしあんを、小麦粉、砂糖、卵などを合わせたカステラ生地で薄く丁寧に包み、ピンポン玉サイズに焼き上げられた可愛らしい饅頭。

保存料や着色料を使用していないので、お年寄りから子どもまで安心して食べることができます。

個数が多いのも特徴的

5個入りから96個入りまで様々な個数で販売されている松露饅頭。

地元佐賀では自宅のおやつ用から贈答用まで幅広いシーンで愛用されています。

佐賀県を代表するおみやげとして、松露饅頭はこれからも多くの人に選ばれ続けることでしょう。

10個入り 972円
15個入り 1,404円
24個入り 2,268円
96個入り 9,180円

松露饅頭を食べた感想

北海道産の小豆をつかったきめ細やかなこしあんは、甘さ控えめの上品な味わいです。

手焼きの香ばしいカステラに使用されている卵は、放し飼いにされている地鶏が産んだもの。

材料へのこだわりと、1つひとつを職人さんが手焼きしているという丁寧さが、まろやかで優しい饅頭の味を作り出しています。

熱いお茶と一緒に頂くと、より一層美味しさが引き立ちますね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名大原松露饅頭
内容量10個入り12個入り15個入り18個入り24個入り30個入り36個入り48個入り60個入り80個入り96個入り
製造者有限会社大原老舗佐賀
製造者住所佐賀県佐賀市神野東1-4-3
原材料小麦粉砂糖水飴膨張剤蜂蜜小豆砂糖結合水飴
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造より6日間
保存方法直射日光を避け常温にて保存
箱の大きさ横 10.9cm × 奥行き 22.3cm × 高さ 4.0cm
名産地佐賀県
販売場所博多駅JR佐賀駅
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

ネットで探す

この記事を書いた人

神代 芳実

美味しいもの、特にお菓子に目がない30代主婦です。週末は家族でいろんな場所に遊びに出かけています。地元九州の美味しいおみやげをたくさん紹介していきたいです!

大原松露饅頭のクチコミ(6件)

  • 評価★★★★★

    今は地元(佐賀)を離れて過ごす友人のところに遊びに行ったときのお土産に、こちらの『大原松露饅頭』を持参しました。

    「懐かしい味で、やっぱり美味しいよね」
    と、とても喜んでくれました。
    私の家族も昔から大好きな、一口大の小さなお饅頭です。

    1つ1つを手焼きで、保存料や着色料も使用せずに作られていますので、身体に優しいところも魅力的です。

    餡(あん)は、なめらかな小豆の【こしあん】で、口に入れたとたんにふわりと広がる【カステラ生地】の上品な香りを楽しめます。

    緑茶と一緒にいただくと最高ですが、意外にもコーヒーや紅茶にも合う和菓子だと思います。

    食べてみて美味しかったからこそ、誰かに教えたくなる味――それが『大原松露饅頭』です。

    ゆきゆき/40代/女性
  • 評価★★★★☆

    佐賀銘菓ですが、福岡でも手に入ります。
    昔からあって、久しぶりに見つけてとても懐かしかったので買いました。
    パッケージも味も昔と同じでした。

    卓球のボールくらいの大きさで、茶色の皮の中にこしあんが入っています。
    甘ったるくないのと、一口サイズなので、沢山は食べれなくなったご年配の方にも人気です。

    そして、私は懐かしいのと美味しさで2~3個はペロッと食べてしまいます。
    ついつい小さいので手がのびてしまうのです。

    和紙で1つずつ包まれていて開けやすいけれど、賞味期限も割と短いので、それを言い訳にして食べてしまいます。
    和紙の包み紙は、松の葉が描かれていてなんとも言えない風情があります。

    値段も手頃なのでまた買いたいです。

    ちっち/30代/女性
  • 評価★★★★☆

    長年福岡土産だと思っていたお菓子です(汗)。

    以前仕事で何度か福岡に行ったときに購入していたので、てっきり福岡のお菓子と思い込んでいたのですが、違っていたのですね。

    事実を知ったときはかなり驚きました。
    佐賀の方すみません…。

    形状はピンポン玉のような感じで小さく丸いお菓子で、カステラ生地でこし餡を包んであるのですが、このこし餡がとにかくたっぷり入っています。

    でもやさしくて上品な甘さなので決してしつこいとか甘ったるいというわけではなく、2個3個とペロっといけてしまいます。
    また、個包装なので職場などへのお土産として買っていっても配りやすいのでおすすめです。

    もちろんお茶にもよく合いますし、老若男女に美味しいと食べて頂けるお菓子だと思います!

    はなはな/30代/女性
  • 評価★★★★★

    私が小さい頃祖父母のお家に遊びに行くとお茶菓子として出していただくことがありました。

    こしあんの周りを薄皮で包んでいてサイズは一口で食べられる大きさで、甘くて好きなお菓子です。

    社会人になってから勤めていた職場を退職する際にお世話になった方たちへの感謝の気持ちに何を買っていこうかと考えていると、松露饅頭を思いだしてお土産屋で探しました。

    15年以上ほど経っていましたが今でも人気のあるお菓子のようでお店に置いてありました。
    手渡した職場の皆さんもご存じだったようで喜んでいただけました。

    rknt4510/30代/男性
  • 評価★★★★★

    佐賀の大原松露饅頭は江戸時代に元祖あわび屋惣兵衛が考案し、藩主に献上したお饅頭です。

    「松露」という名称は佐賀の虹の松原の松の根元に育つ茸の1種に似ていることから名付けられたとのことです。

    お饅頭の大きさは、タコ焼位の小ぶりで真ん丸した形です。
    上品な甘さのこし餡を、薄いカステラ生地で包み込んだお饅頭です。

    博多駅構内のお土産売り場で販売されているので、お饅頭が好きな方への手土産としてよく購入しています。
    10個入りから96個入りまでありますが、私が良く利用するのは18個入りか24個入りの箱詰めです。

    日本茶はもちろん、コーヒーや紅茶とも相性の良い味のお饅頭です。

    更林/50代/女性
  • 評価★★★★★

    これ大好きです!
    あんこがたっぷりで皮はめっちゃ薄いのであんこ好きにはたまりません。

    皮は甘くなくて香ばしい感じがします。
    あんこはこしあんですっごくなめらかです。
    コロンとしたサイズなのでついつい3個4個、食べてしまいます。

    佐賀に行ったときは必ず買っています。
    直営店の雰囲気も素敵なので初めてお店に行く人だったらおお~となるかもしれません。
    作っている様子も見れますしね。

    私はお土産というより何かのちょっとしたお礼などで2個くらいをお渡しすることが多いかな。

    しえ/30代/女性

地域から探す!

スポンサーリンク

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!