「なごみの米屋」つつみ栗

スポンサーリンク

つつみ栗とは

千葉県成田市にある成田山表参道で有名な「なごみの米屋」からの新商品「つつみ栗」です。

米屋の創業は明治三十三年からと古く、もともと成田山の門前町で米屋(こめや)を経営していた創業者諸岡長蔵氏が「栗ようかん」を日本で一番はじめに創製した歴史があります。

そんな歴史のある「なごみの米屋」
お店の店員さんに「おすすめのおみやげ商品はどれがいいですか?」と聞いたところ、「つつみ栗」がとても人気で、しかも新商品なのでおすすめですよとのこと。

「つつみ栗」は以前、期間限定商品で販売されていて、とても美味しいと口コミが広がり今回、定番メニューとして新発売ということになったそうです。

つつみ栗を食べた感想

冒頭の通り元々は期間限定商品でしたが、お客様の声で定番商品になったというだけあって、期待を裏切らない安定した美味しさでした。

甘露栗が丸ごと一つ入っていて、包みも上品なので進物にもいいです。

今回、購入したのは9個入り。
家族5人であっという間に食べてしまうほどの美味しさでした。

しっとりさっくりとしたパイと渋皮入りの餡がとてもマッチしていますので、重すぎない和菓子としてどの年代にも好まれそうですね。コーヒー、お茶にも両方合いそうです。

オンラインショップや楽天ショップなどで購入できますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名「なごみの米屋」つつみ栗
内容量1個入り6個入り9個入り15個入り
製造者米屋株式会社
製造者住所千葉県成田市上町500番地
原材料小麦粉砂糖水飴食塩鶏卵香料洋酒栗甘露煮着色料マーガリンアーモンドパウダー白いんげん豆酸化防止剤(V.C、V.E)、栗ペースト(栗、砂糖)、着色料(カロチン、クチナシ)
賞味期限3週間程度
保存方法直射日光、高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 30cm × 奥行き 20cm × 高さ 6cm
名産地千葉県
販売場所そごう千葉店
おみやげの種類和菓子
価格帯3,000円以内

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!