リベルターブル ケイクトランシュ

ケイクトランシュ 外装
ケイクトランシュ 外装ケイクトランシュ 開封した写真ケイクトランシュ 中身の写真
スポンサーリンク

リベルターブル ケイクトランシュとは?

日本で注目されているパティシエのひとり、森田一頼氏は、フレンチレストランに新風を巻き起こしたといわれる人物のひとり。

日本とフランスのレストランを渡り歩き、2010(平成22)年に新コンセプトのレストラン「リベルターブル」のシェフパティシエに就任。「自由な発想、記憶に残るクリエイティブ」というコンセプトを掲げ、伝統的な手法を大切にしながら、独自のフィルターを通して、新しい味わいを創り出してきました。

そんな森田氏が2013(平成25)年に新楽章としてスタートさせたのが、リベルターブルのブティック。
本店は赤坂にありますが、その支店が、渋谷ヒカリエと、松屋銀座にも入っています。

赤坂まで足を伸ばすのは少し大変という時でも、渋谷と銀座という好アクセスの場所でリベルターブルのスイーツに出合えるというのは、ファンにとってはとても嬉しいことでしょう。

宝石のように輝くプチガトーや、二層に分かれて見た目もおいしそうなコンフィチュールが店頭を彩りますが、移動時間が長かったり、渡すまで日にちがある、といったお土産選びの際には、個包装になった焼き菓子がおすすめです。

なかでも「ケイクトランシュ」は、リベルターブルで人気のパウンドケイクのさまざまな味を楽しむことができるセットです。
レギュラー商品として、6枚入り、12枚入り、24枚入りがあるので、手渡す相手の人数にあわせて選べます。

今回購入した、渋谷ヒカリエの限定商品である「ケイクトランシュ3」は3枚入りとなっており、包装もコンパクトにまとまっているので、個人へのお土産にも最適。

黒地にゴールドで文字があしらわれたパッケージも素敵です。

リベルターブル ケイクトランシュを食べた感想

「ケイクトランシュ3」のフレーバーは、「ケイク オ トリュフ ノワール カルヴァドス」と「ケイク フレーズ ア ラ ローズ」、「ケイク ショコラ オランジュ」の3種類となっています。

3つの異なるフレーバー、すべてに共通しているのは、しっとりとした濃厚な口当たり。
ひと口食べると、口のなかに素材の味がじゅわっと広がるようです。

またどのフレーバーにも洋酒が使われており、ちょっとおとなの味わいを楽しめます。
ふんわりと香る洋酒が、それぞれのケイクの素材の味を引き立てる、贅沢なスイーツです。

紅茶やコーヒーといっしょに味わうティータイムはもちろん、ワインやブランデーにあわせても、また違った印象を楽しめるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名リベルターブル ケイクトランシュ
内容量3個入り6個入り12個入り24個入り
製造者株式会社クレアティブ
製造者住所東京都港区六本木3-4-36
原材料小麦粉砂糖バターコーンスターチココアパウダーベーキングパウダーアーモンドパウダーオレンジピールヘーゼルナッツ、黒トリュフ、カルヴァドス、ローズジャム、フリーズドライ苺、ローズリキュール、キルシュ酒、食用乾燥バラ、食用色素(赤色102号)、グランマルニエ、チョコレート、ヘーゼルナッツパウダー
賞味期限約2週間
保存方法高温多湿を避け冷暗所にて保存
箱の大きさ横 10.8cm × 奥行き 18.5cm × 高さ 2.2cm
名産地東京都
販売場所渋谷ヒカリエSinQs(シンクス)
おみやげの種類焼き菓子洋菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内4,000円以内5,000円超

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!