亀屋製菓 黒豆羽二重餅

亀屋製菓 黒豆羽二重餅 外装
亀屋製菓 黒豆羽二重餅 外装亀屋製菓 黒豆羽二重餅 開封した写真亀屋製菓 黒豆羽二重餅 中身の写真
スポンサーリンク

亀屋製菓 黒豆羽二重餅とは?

福井県の名物「羽二重餅」の中に黒豆を入れた黒豆羽二重餅です。やわらかな羽二重餅の食感はそのままに、コリコリとした黒豆の食感も楽しむことができます。

羽二重餅は福井の名物として有名なので、その名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?
その由来となったのは「羽二重織り」という福井で盛んに作られていた絹織物です。

絹のようになめらかで柔らかさが特徴のお餅で、福井県にある多くのお菓子メーカーが様々な羽二重餅を作っています。

今回ご紹介する黒豆羽二重餅を手がける亀屋製菓でもいろんな羽二重餅を作っています。オーソドックスな羽二重餅をはじめ、塩や醤油を使ったユニークなものも。

福井を旅行する時には、いろんな羽二重餅を探してみるのもおもしろいですね。

亀屋製菓 黒豆羽二重餅を食べた感想

砕いた黒豆をお餅の中に練り込んだ羽二重餅です。羽二重餅の柔らかさ、甘味はそのままに砕いた黒豆の食感が加わっています。

個別包装された黒豆羽二重餅を慎重に袋から取り出します。というのも、羽二重餅のまわりにはたっぷりの粉がついているからです。

慎重に取り出さないと粉が飛び散ってしまうので、慎重に慎重に。

羽二重餅というと純白をイメージしますが、黒豆羽二重餅は黒豆が中に入っているのでグレーがかった色をしています。中には黒と黄色の粒々が。これは砕いた黒豆。

黒豆羽二重餅はとてもやわらかくて、もっちりとした食感。このとても柔らかい食感は羽二重餅ならではですね。

羽二重餅の中に入っている黒豆は小さな粒々になっていて、お餅と一緒に食べると粒々の食感が楽しめますよ。

ただ、黒豆の味がするかというとそうでもありません。

もっと黒豆の香ばしい香りがするかと思っていたのですが、残念ながら大豆の香ばしい香りはしませんでした。黒豆の香ばしさをもっと楽しめたらよかったです。

甘くてもっちり柔らかな羽二重餅は1つでも満足感を味わえます。煎茶と一緒にいただきたいですね。

亀屋製菓 黒豆羽二重餅が買える場所

亀屋製菓 黒豆羽二重餅は福井県のお土産屋、オンラインショップなどで購入することができます。

わたしは福井県の東尋坊にあるお土産屋で購入しました。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名亀屋製菓 黒豆羽二重餅
内容量9個入り
製造者亀屋製菓(株)
製造者住所福井県福井市森田新保町1-1-1
原材料水飴砂糖餅粉黒大豆でんぷん加工デンプン乳化剤(原材料の一部に乳を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限60日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 14.9cm × 奥行き 21.8cm × 高さ 2.4cm
名産地福井県
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!