廣榮堂 抹茶むらすずめ

廣榮堂 抹茶むらすずめ 外装
廣榮堂 抹茶むらすずめ 外装廣榮堂 抹茶むらすずめ 開封した写真廣榮堂 抹茶むらすずめ 中身の写真
スポンサーリンク

廣榮堂 むらすずめとは?

「むらすずめ」は岡山県倉敷市を代表するお菓子。作られたのは明治の初期だと言われています。

むらすずめはクレープのように薄く焼いた皮の中に粒あんをはさみ、編笠状に仕上げたお菓子です。廣榮堂のむらすずめには北海道産の小豆からつくられた粒あんが使われています。

むらすずめの期限についてもご紹介しましょう。
その起源は、江戸時代に行われていた豊作を祈願する「豊年踊り」だと言われています。
豊年踊りでかぶっていた笠、そして稲穂の黄金色からヒントを得て誕生したのがむらすずめなんです。

むらすずめの大きな特徴といえば、皮に空いたたくさんの穴。この穴が、稲穂に群がるすずめの姿に見えるとも言われています。

「廣榮堂 抹茶むらすずめ」は粒あんを包む皮に抹茶を混ぜ込んでいます。抹茶の鮮やかな緑色がとてもきれいな「むらすずめ」ですね。

廣榮堂 抹茶むらすずめを食べた感想

抹茶むらすずめは、むらすずめの大きな特徴である「穴のたくさん空いた皮」はそのまま。
皮には抹茶が入っているので、抹茶のきれいな緑色をしています。

しっかりとした緑色をした皮なのですが、抹茶の香りはそれほど強くありません。香りをかいでみても、ほんのわずかに抹茶の香りがするかな?っていう程度。

もちろん抹茶の苦みというのはまったく感じませんでした。これなら苦いのが苦手な小さなお子さんも安心して食べられますね。

薄い皮の中に入っているのは、粒あん。
小豆の粒はそれほど多くはなくて、こし餡に近い粒あんといった感じです。

しっかりとした甘味はあるのですが、普通のむらすずめと比べると甘味は抑えられているんじゃないかと感じました。もしかしたら、皮に入っている抹茶が餡の甘味を抑えているのかも知れませんね。

廣榮堂 抹茶むらすずめが買える場所

廣榮堂 抹茶むらすずめは、廣榮堂の各店舗廣榮堂 インターネット店で購入することができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名廣榮堂 抹茶むらすずめ
内容量5個入り
製造者株式会社廣榮堂
製造者住所岡山市中区藤原60
原材料餡(砂糖、小豆、麦芽糖)、皮(砂糖、小麦粉、卵、抹茶、麦芽糖、寒天、クロレラ粉末)、トレハロース香料膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限約11日
保存方法直射日光、高温多湿を避け常温で保存してください。
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 19.0cm × 高さ 3.5cm
名産地岡山県
販売場所福山駅岡山駅髙島屋岡山店天満屋岡山店
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!