北坂たまご たまごまるごとプリン

北坂たまご たまごまるごとプリン 外装
北坂たまご たまごまるごとプリン 外装北坂たまご たまごまるごとプリン 開封した写真北坂たまご たまごまるごとプリン 中身の写真
スポンサーリンク

北坂たまご たまごまるごとプリンとは

淡路島で養鶏場を営んでいる北坂養鶏場。
ここで飼育しているニワトリは、純国産鶏の「さくら」と「もみじ」という種類。

純国産鶏とは日本で生まれて日本で改良され、日本で育ったニワトリのことで、日本に約6%しかいないのだそう。

「たまごまるごとプリン」は北坂養鶏場産のさくらたまごで作られたプリンで、卵を丸ごとそのまま使っています。

卵の殻に入っているプリンなんですよ。

さくらたまごのみでできている、ぜいたくなプリンです。

卵の殻に入っているのですが中が柔らかいため、ゆで卵のように殻をむくことはできないとのこと。

生卵を割るように半分に割って、スプーンで中身を取り出していただきます。

シロップも別添えでちゃんとついていますよ。

原材料は卵と砂糖のみで添加物を一切使用していないのもうれしいですね。

北坂たまご たまごまるごとプリンを食べた感想

箱を開けると1つずつパックされていて、知らなけれな生卵と勘違いしてしまいそう。

説明書にしたがって生卵を割るように半分に割るまではいいのですが、中身をきれいに取り出すのは難しかったです。

中身を取り出さず殻のまま手に持ってスプーンで食べることもできますが、別添えのシロップをかけにくいという欠点が。

「卵まるごと、殻のまま」というのは目を引いて面白いのですが、食べづらいのがマイナスポイントだと思いました。

お味のほうは卵のみのため非常にシンプルです。

シロップをかけずに食べてみると、卵の味をダイレクトに感じますよ。

プリンと聞くと甘くてバニラの香りをイメージしてしまいますが、そういったものは使われていないため、プリンを食べているような感じがしなかったです。

シロップをかけて食べてみるとプリンらしくなりました。

味付けがされていないので、シロップのほかフルーツソースをかけたり、わさび醤油やドレッシングをかけて食べてもいいのだそう。

サラダの上にトッピングしたら、彩りもよくておいしそうですね。

北坂たまご たまごまるごとプリンを購入できる場所

今回は淡路サービスエリアの上下駐車場から連結道路で行くことのできる、淡路ハイウェイオアシスで購入しました。高速道路を降りずに行くことができます。

淡路島に北坂養鶏場の直売所もありますよ。

4個入りで1,080円(税込み)です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名北坂たまご たまごまるごとプリン
内容量4個入り
製造者株式会社 北坂たまご
製造者住所兵庫県淡路市育波1114
原材料鶏卵(淡路島産)、砂糖
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2週間
保存方法冷蔵(0~10℃以下)で保存して下さい
箱の大きさ横 15.5cm × 奥行き 15.0cm × 高さ 7.0cm
名産地兵庫県
販売場所淡路SA
おみやげの種類プリン
価格帯2,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!