喜多のかけ橋

スポンサーリンク

喜多のかけ橋とは

喜多のかけ橋とは、埼玉県有数の和菓子屋さんである「くらづくり本舗」の創業125周年を記念して製作された和風ダックワーズ。

そもそもダックワーズとはどんなお菓子なのかご存知でしょうか。

フランスで生まれたアーモンド風味のメレンゲを使った洋焼菓子である「ダコワーズ」を、日本国内で改良したものをダックワーズと呼ぶようになりました。

そのダックワーズをくらづくり本舗の技術で和菓子の風味に仕上げたものが喜多のかけ橋です。

喜多のかけ橋には、通常の原料となる卵白とアーモンドに加え、埼玉県産米粉と狭山茶を使用されているのが特徴。

お菓子名の由来は「喜びの多いひとときをお過ごしいただきたい」という思いと、「人と人とをつなぐかけ橋でありたい」という会社の願いが込められて作られたそう。

埼玉県川越市の名所でもある川越大師喜多院に広がる庭園にかかる橋をモチーフにしているとのこと。

喜多のかけ橋を食べた感想

口に入れると広がる、生地全体に練り込まれた狭山茶の心地よい香り。
ダックワーズの特徴でもある、外側はサクッと・中はふんわりしっとりという異なる食感が、米粉を使って見事に演出されていました。

甘さ抑えめではあるものの、全体にまぶされたアーモンドパウダーにしっかりとした甘味が感じられ、甘党の人でも大変満足感のあるお菓子に仕上がっています。

生地の中には抹茶クリームが含まれており、抹茶好きにはたまらない一品。
少量の小豆がクリームの中に入っているので、小豆が入った部分を食べるとまた違ったおいしさが感じられますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名喜多のかけ橋
内容量4個入り8個入り12個入り16個入り
製造者(有)くらづくり本舗
製造者住所埼玉県川越市久保町5-3
原材料(原材料の一部に乳・大豆由来を含む)乳化剤膨張剤香料酸味料卵白抹茶粉糖酸化防止剤(V.C)カロテン色素白餡アーモンドパウダークチナシ色素安定剤(増粘多糖類)、米の粉、マーガリン加工食品、大納言鹿の子、抹茶ペースト、着色料(青1、黄4、黄5)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっています。
賞味期限14日ほど
保存方法直射日光や高温多湿を避け保存してください
箱の大きさ横 18.9cm × 奥行き 18.9cm × 高さ 7cm
名産地埼玉県
販売場所西武所沢店
おみやげの種類焼き菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!