銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜 外装
銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜 外装銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜 開封した写真銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜 中身の写真
スポンサーリンク

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜とは?

明治2年創業の木村屋總本店を代表するあんぱんです。

木村屋は日本で初めてあんぱんを考案した、あんぱんの元祖とも言えるお店。

明治7年には、奈良の吉野から取り寄せた八重桜の塩漬けを埋め込んだあんぱんを明治天皇に献上しています。

この出来事がきっかけとなり、あんぱんが世の中に広く普及したのです。

今回ご紹介するのは明治天皇に献上された「酒種あんぱん 桜」。

「酒種あんぱん 桜」は、日本に数あるあんぱんの原点とも言えるものなんですね。

明治天皇にあんぱんを献上した4月4日は「あんぱんの日」として日本記念日協会にも認定されています。

酒種を使って作られたパンの中に入っているのは北海道産の小豆を使ったこし餡。

そして、あんぱんの真ん中には八重桜の塩漬けが添えられています。

酒種を使って作られた風味豊かなパン、こし餡の甘さと桜の塩気と香りを楽しめるあんぱんです。

  • 5個入り:918円
  • 10個入り:1,782円
  • 15個入り:2,646円
  • 20個入り:3,456円

酒種(さかだね)あんぱんとは?

「酒種あんぱん 桜」の名前にもある「酒種」とは一体なんなのでしょうか?

「酒種」とは酵母の一種。

パンの製造にはイースト菌が使われることが多いのですが、酒種あんぱんには「酒種」というイースト菌とは別の酵母を使っています。

酒種は日本酒を製造する時の発酵源としても使われているので、酒種を使ったパンは日本酒のような風味を持っているんです。

木村屋では100年以上もこの発酵種を受け継ぎ、おいしいあんぱん作りを続けています。

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜を食べた感想

小ぶりなあんぱんの「へそ」の中からは桜が顔を覗かせています。「へそ」とはあんぱんの上に空いた穴のこと。

こんがりと茶色く焼き上がられたあんぱんからは、ほんのりと桜の香りが漂ってきます。
酒種あんぱんの日本酒と桜が混じり合った香りが。

この香りをかぐと、なんだか花見のような気分になってきます。そんなちょっと幸せな気分にさせてくれる香りなんです。

あんぱんを手に取るとパンの表面はしっとり。
パンの表面が指先に吸い付くような感覚です。

さらにずっしりと中が詰まったような弾力も感じます。

あんぱんを一口。

指先で感じた通り、パンの生地は中身が詰まったしっかりとした生地です。ふわっとした感じではなくて、ずっしりと重たい。

その生地は、噛めば噛むほど素朴な甘味がにじみ出てきます。酒種を使って作られたパンだけあって、独特の香り、甘味がおいしいです。

こし餡はきめ細かくて、甘みは強め。
酒種のパンとこし餡はよく合いますね。

そして、あんぱんの真ん中に添えられている桜もまたおいしいんです。

こし餡の甘さと桜の塩気がよく合い、絶妙なおいしさ。

さらに口の中に広がる桜の香りも心地良い!

軽くトースターで焼いてもおいしいですよ。

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜が買える場所

銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜は、銀座木村屋總本店の各店舗オンラインショップで購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名銀座木村屋總本店 酒種あんぱん 桜
内容量5個入り10個入り15個入り20個入り
製造者株式会社 銀座木村家
製造者住所東京都中央区銀座4-5-7
原材料小豆こしあん小麦粉糖類、酒種、桜の花の塩漬け、バター食塩
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より常温で5日間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 7.8(5個入り)cm × 奥行き 29.0(5個入り)cm × 高さ 6.8(5個入り)cm
名産地東京都
販売場所東京国際空港(羽田空港)大丸東京店伊勢丹府中店伊勢丹新宿本店伊勢丹浦和店京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店京王百貨店新宿店松屋浅草松屋銀座松坂屋上野店銀座三越日本橋三越本店小田急百貨店町田店小田急百貨店新宿店西武池袋本店そごう横浜店髙島屋日本橋店髙島屋玉川店髙島屋横浜店東武百貨店池袋店
おみやげの種類パン
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!