関東・栃木レモン飴

評価★★★★★3/5
クチコミ1
スポンサーリンク

関東・栃木レモン飴について

栃木県のおみやげ、「関東・栃木レモン飴」です。
「関東・栃木レモン」という栃木県のソウルドリンクが元になっています。

懐かしさを感じるデザインですが、関西に住んでいる私は初めて知りました。
袋に歴史が書かれていたので、一部を紹介しますね。

昭和の戦後まもなく誕生した乳飲料で、宇都宮の関東乳業が「関東レモン牛乳」の名称で発売していた。
甘いものが貴重な時代、子供にとっては特別な日に給食などに出される贅沢品でもあったようだ。以来、人気衰えず懐かしい栃木の味として長い間親しまれてきた。

その後、関東乳業が廃業し「関東レモンは」一時姿を消したそうです。
しかし、復活を願う多くの声を受け、翌年、栃木乳業が「関東・栃木レモン」という名で復活させました。

歴史とともに愛されてきたものなんだとわかりますね。
楽天市場やAmazonからも購入できますよ。

関東・栃木レモン飴を食べた感想

一般的な乳飲料を、あっさり爽やかにした味でした。
レモンの酸味はなかったですよ。

実は元々の「関東・栃木レモン」にも、実はレモン果汁は入っていないそうです。
それは、レモン果汁を加えると、酸で牛乳が固まってしまうことが理由。

こちらの飴には、原材料の一部に、”関東・栃木レモン”を使用しています。
そのため、爽やかな味がするんですね。

食べたことのない方にはもちろん、栃木出身の方に贈ると、懐かしんでいただけそうです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名関東・栃木レモン飴
内容量100g以内
製造者株式会社スマイルーリンク SK
製造者住所愛知県豊橋市西小鷹野1丁目2-6
原材料砂糖水飴香料乳等を主要原料とする食品、加糖練乳(生乳、しょ糖)、乳飲料、着色料(クチナシ黄色素、紅麹、紅花黄)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約8ヶ月半
保存方法直射日光が当たる所、高温多湿での保存は避けてください。
箱の大きさ横 13.6cm × 奥行き 1.8cm × 高さ 19.6cm
名産地栃木県
おみやげの種類
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!