甘精堂 紅小町

スポンサーリンク

紅小町とは

りんごの花が描かれたパッケージと、ころんと愛らしいりんご型のおまんじゅうが並ぶこちらのお菓子。
青森で創業120年を越える老舗、甘精堂(かんせいどう)で作られています。

甘精堂ではもともと昆布羊羹が有名ですが、青森県産のりんごを使ったお菓子もあります。
その中のひとつである紅小町は、小さくて愛らしい津軽りんごがモチーフです。

紅小町を食べてみて

生地のベースとなるのは、白あん・砂糖・卵黄などを練り合わせて焼き、みりんで照りをつけた”桃山”。
中はりんごの果肉入りで、内側の生地もほんのりピンクがかっているのがわかります。
りんごの軸までしっかりと再現してあるのがユニークですね。

封を開けると、ほんのり甘いりんごの香りが鼻をくすぐります。
頬張ると、桃山ならではのほろほろとした食感の中に、りんごの果肉のしっかりとした歯ごたえが感じられました。

りんごの味はそこまで強くはありませんが、歯ごたえと香り、そして見た目でもりんごらしさを味わえるお菓子です。
昔ながらの和菓子といった風情があり、見た目もかわいいのでお茶請けにおすすめですよ。

紅小町の種類と値段

  • 6個入り:580円
  • 12個入り:1,080円
  • 20個入り:1,620円

紅小町が買える場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名甘精堂 紅小町
内容量6個入り12個入り20個入り
製造者(株)甘精堂本店K
製造者住所青森県青森市新町一丁目13番21号
原材料砂糖水飴みりん鶏卵バター香料アーモンド餅米クエン酸りんごあん、アップルワイン、天然紅花赤色色素
賞味期限20日間
保存方法開封後は、お早めにお召し上がり下さい。
箱の大きさ横 9cm × 奥行き 12.4cm × 高さ 3.3cm
名産地青森県
販売場所青森空港
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!