総本家かん川 しほみ饅頭

総本家かん川 しほみ饅頭外装
総本家かん川 しほみ饅頭外装総本家かん川 しほみ饅頭開封後総本家かん川 しほみ饅頭中身
スポンサーリンク

総本家かん川 しほみ饅頭とは

しほみ饅頭は、兵庫県赤穂市にある総本家かん川が販売するお菓子です。

寒梅粉を使った皮に、赤穂塩を加えたこしあんを包んだ「塩味(しおみ)饅頭」は、赤穂市のおみやげの定番品。
赤穂市内の9つの店舗で製造・販売されており、店によって「塩味」「しほみ」「志ほみ」など表記が異なります。

元禄時代、「塩の国」として名を馳せた播州赤穂藩では、塩をかくし味に使った饅頭が将軍家への献上菓子として使われていました。
天保時代には江戸屋藤治郎・平兵衛親子がさらなる改良を加え、「しほみ饅頭」を考案。

以来、総本家かん川では300年の歴史を今に受け継ぎ、変わらぬ味を伝え続けています。

6個入りから50個入りまであり、すべてがおよそ6:4の割合で白と抹茶の2種類入り。慶事用の紅白タイプも販売されています。

総本家かん川の店舗(新田店・赤穂駅前店)やオンラインショップ、姫路駅などで購入できますよ。

総本家かん川 しほみ饅頭を食べてみて

いかにも長い歴史を感じさせる、シックなパッケージ。
中の袋には「歴史は流れ 人は変る されど 名工の技は 永遠に」と書かれています。

個包装にも「しほみ」の文字。直径4cmほどの饅頭は、外皮がしっかりとした硬さです。
一般的な饅頭と違い、生地に寒梅粉が使われているため、落雁に近い食感。
かりりとかじると、口のなかに優しい甘さを残して溶けていきます。

なめらかなこしあんは、きりっとした塩味が印象的。
甘さよりも塩気が先にたつあんこというのは初めて食べました。

抹茶の方はほろ苦いというほどではなく、ほんのり抹茶が香る程度です。

塩味のあとに、小豆の風味と甘さがやってくる不思議な味わい。
赤穂市の歴史を感じさせるおみやげです。

総本家かん川 しほみ饅頭の種類と値段

  • 6個入り:670円
  • 10個入り:1,050円
  • 15個入り:1,575円
  • 20個入り:2,100円
  • 25個入り:2,625円
  • 30個入り:3,150円
  • 40個入り:4,200円
  • 50個入り:5,250円
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名総本家かん川 しほみ饅頭
内容量6個入り10個入り15個入り20個入り25個入り30個入り40個入り50個入り
製造者(株)総本家かん川
製造者住所兵庫県赤穂市中広108-21
原材料砂糖小豆寒梅粉還元水飴抹茶和三盆糖
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月
保存方法開封後はお早めにお召し上がりください。
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 16.5cm × 高さ 3.5cm
名産地兵庫県
販売場所姫路駅
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!