黒豆の生カステラ

スポンサーリンク

黒豆の生カステラとは

黒豆の生カステラは、創業1890年の伝統を誇る「金田屋」が販売しているおみやげです。
金田屋は千葉県印旛郡にあり、主に料理店を営んでいます。

実は、この黒豆生カステラ、JAL国際線ファーストクラスに採用されたほどの人気商品なのです。

日本航空のファーストクラス機内食に地域の味を取り入れるプロジェクトに、千葉県代表として「割烹金田屋」が採用されました。(2016年9月)

銘菓「特性黒豆の生カステラ」はすべての機内食にデザートとして提供されています。

そんな高級菓子を千葉駅すぐ隣にある「千葉そごう」地下1階で購入できましたよ。

黒豆の生カステラを食べた感想

中身を傷つけないように袋から出し、6切れに切って頂きました。
一度冷凍して半解凍時に切れば、また違う食感も楽しめるとのこと。

黒蜜を添えて食べればまた一段と美味しくいただけそうです。
開封後も冷蔵保存できるので、残りはラップをして冷蔵庫に・・・

中の豆は「どら豆」といって粒の大きさが特徴的で、とてもプレミアムな黒豆でした。

玉子と牛乳で寄せたしっとり濃厚なお味でカステラというより、高級デザートという響きがお似合いの商品。

おみやげとしても上品な洋生菓子として喜ばれるに違いありません。

日本料理店でしか作れないしっとりとした食感の「黒豆生カステラ」とても美味しく頂きました。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名黒豆の生カステラ
内容量201〜300g
製造者有限会社金田屋
製造者住所千葉県印旛郡栄町安食3692
原材料小麦粉砂糖トレハロース鶏卵バター牛乳黒豆
賞味期限約3週間
保存方法10℃以下で冷蔵保存してください
箱の大きさ横 22cm × 奥行き 10cm × 高さ 8cm
名産地千葉県
販売場所成田国際空港そごう千葉店
おみやげの種類カステラ
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!