亀じるし 天満月

スポンサーリンク

天満月とは?

茨城県のおみたげをたくさん作っている、亀じるし。
なかでも数年前に誕生して人気商品となっているのが、天満月です。

ちょっとかわったネーミングは、満月の古い呼び名、「天に満ちる月」をもとにしているのだとか。

まわりの茶色い皮は、ほろ苦いチョコレート。
ほっこりとしたやさしい甘さの黄身餡がそのなかに包まれています。

夜空に浮かぶまんまるのお月さまが、目に浮かぶようなお菓子。
月にいるといわれるうさぎが描かれた、焦げ茶色のシックなパッケーキも素敵です。

ひとつひとつがキューブ型の箱に入っているので、配るのにも便利だと思います。

中秋の名月が美しい秋のころなら、季節を感じられるお土産として贈ることができるのではないでしょうか。

天満月を食べた感想

くちに含んで最初に感じられるのは、チョコレート生地のカカオの香り。
そのほろ苦さに、鮮やかな黄身餡の甘さがマッチします。

チョコレートと餡、という組み合わせは、あまり食べたことがない気がして、新鮮な味わいでした。

和菓子でもあるけれど、洋菓子でもあるような。
なんだか不思議なお菓子です。

お茶でもコーヒーでも紅茶でも、どんな飲み物とも合うようなお菓子です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名亀じるし 天満月
内容量5個入り
製造者亀印株式会社
製造者住所茨城県水戸市見川町2139-5
原材料着色料(ビタミンB2、金箔)、砂糖水飴乳化剤膨張剤香料ココアパウダー増粘多糖類乳等を主要原料とする食品小豆(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)準チョコレート白いんげん
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1か月半
保存方法直射日光、高温多湿をさけて保存して下さい。
箱の大きさ横 28.2cm × 奥行き 5.8cm × 高さ 5.8cm
名産地茨城県
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!