開運堂 マロンパイ

開運堂 マロンパイ 外装
開運堂 マロンパイ 外装開運堂 マロンパイ 開封した写真開運堂 マロンパイ 中身の写真
スポンサーリンク

開運堂 マロンパイについて

開運堂は、長野県松本市に本店を構えるお菓子屋さん。
明治17年から菓子業に取り組み、100年以上の長い歴史を持つお店でもあります。

信州ならではのお菓子づくりに力を入れており、地産地消にもこだわっているそう。

和菓子から洋菓子にいたるまで、幅広くお菓子作りをしています。

そんな開運堂が手がける「マロンパイ」は、パリの五月という焼き菓子シリーズのひとつ。

パイ生地の中に、栗がゴロっと入った食べ応えのあるお菓子になっています。

ちなみに、パリの五月シリーズは、サトランジェや、アンドゥマロンといった他のお菓子もあります。

マロンパイは1個から購入できますが、今回買ったのは10個入りのもの。

仕切りのある箱の中に、マロンパイがころんっとひとつずつ並んでいました。

個包装にはなっていないため、開封したら早めに食べ切ってしまったほうが良さそうですね。

その場で分けるお菓子に適しているので、お茶会の手土産などにおすすめです。

開運堂 マロンパイを食べた感想

一見、パンのようにも見える、コロコロした丸い形のパイというのが珍しいですね。
こんがりとした色合いが、なんとも食欲をそそります。

サクサク、パリパリッとした生地は期待を裏切らず、香ばしい味わいでした。

中には、大ぶりな栗の実がゴロっと入っています。

栗を丸々使っているので、その形を崩さないためにも、丸い形をしたパイになっているのかもしれませんね。

ひとくち食べると、香ばしさと栗の自然な甘みが口いっぱいに広がります。

開運堂では、アンドゥマロンという栗を使ったケーキも購入することができるので、栗好きな方にはそちらとセットで贈ると喜ばれそう。

個包装されているアンドゥマロンは贈答用に、賞味期限が早めなマロンパイはちょっとした手土産として使い分けると良いかもしれません。

開運堂 マロンパイの価格

  • 1個入り 216円
  • 10個入り 2,300円
  • 15個入り 3,412円
  • 20個入り 4,536円

開運堂 マロンパイを買える場所

その他、開運堂オンラインショップでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名開運堂 マロンパイ
内容量1個入り10個入り15個入り20個入り
製造者(株)開運堂
製造者住所長野県松本市中央2-2-15
原材料小麦粉砂糖鶏卵バター白いんげん豆コーンスターチ卵黄蜂蜜澱粉ソルビトール香料酸化防止剤(V.C)漂白剤(亜硫酸塩)、着色料(ビタミンB2、紅花色素、クチナシ)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存してください
箱の大きさ横 12.0cm × 奥行き 27.2cm × 高さ 5.0cm
名産地長野県
販売場所松本空港長野駅松本駅井上百貨店井上百貨店アイシティ21名古屋栄三越日本橋三越本店
おみやげの種類パイ菓子洋菓子
価格帯1,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!