十万石相傳かすてら

十万石相傳かすてら 外装
十万石相傳かすてら 外装
スポンサーリンク

十万石相傳かすてらとは

十万石は行田市に本店を構える菓子店。埼玉県を中心に約40店舗あり、和菓子から洋菓子まで幅広く作り続けています。

十万石相傳(そうでん)かすてらは、美味しさと健康をテーマに素材のこだわりを追求した一品。ベーシックな「ヨード卵・光」と京都宇治産の「抹茶」2種類です。

卵は健康に良いとされる「ヨード卵・光」のみを使用。他にも、蜂蜜、もち米の水飴など厳選した材料を加え焼き上げているとのこと。

今や誰もがよく知っているカステラですが、室町時代末期に鉄砲やキリスト教とともに日本にもたらされた渡来品。特徴的な南蛮絵柄の箱が物語っていますよ。

十万石のカステラは5切れにスライスした状態で1箱に収められています。少人数の時でも食べやすい量なのが嬉しいですね。

そのほかの十万石おすすめ商品については、十万石インタビューの記事も参考にしてみてください。

十万石相傳かすてらを食べた感想

程よい厚さでスライスされており、切る手間がなくサッと取り分けられます。スライスされていると断面の乾燥が気になりますが、脱酸素剤入りで密封包装しているので常に新鮮です。種類ごとにご紹介しますね。

ヨード卵・光

十万石相傳かすてら ヨード卵・光

ベーシックな黄色いカステラは、甘く深みのある卵の香りとともに、ふんわりとした口当たり。

しっかりとした卵の味でシンプルなのに特別感があります。あっさりとした後味でつい2切れ、3切れと手が伸びてしまう美味しさです。

抹茶

十万石相傳かすてら 抹茶

宇治産の抹茶には健康食品としても知られているクロレラが混ざっています。
抹茶のほろ苦さとコクのあるカステラの甘み。対象的な味覚がバランス良く整っていますよ。

品の良いお茶の味でヨード卵・光よりも、大人向きといえますね。

カステラは食べやすく、比較的誰にでも喜ばれるお菓子の代表格といえます。

手みやげやお茶菓子に迷った時はちょうどいいかもしれませんね。

十万石相傳 かすてらが購入できる場所

  • 埼玉県、群馬県の十万石直営店
    販売店舗の詳細は十万石公式サイトにてご確認ください。
  • 通信販売(電話とFAX)
    電話はお客様専用のフリーダイヤルから注文できます。
    FAXは番号を公式サイトに記載していないそうなので、電話注文の際にFAX番号を教えていただけます。
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名十万石相傳かすてら
内容量1個入り2個入り3個入り4個入り5個入り6個入り
製造者株式会社十万石ふくさや
製造者住所埼玉県行田市長野2-27-28
原材料卵(ヨード卵・光)、砂糖小麦粉、糯米水飴、蜂蜜水飴みりん、クロレラ入抹茶(宇治粉抹茶・緑藻)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限購入日から15日ほど
保存方法高温多湿、直射日光を避け、冷暗所にて保存ください。
箱の大きさ横 16.1cm × 奥行き 21.3cm × 高さ 6.4cm
名産地埼玉県
販売場所熊谷駅そごう大宮店八木橋
おみやげの種類カステラ
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!