一々斎

一力堂 一々斎外装
一力堂 一々斎外装一力堂 一々斎開封後一力堂 一々斎中身
スポンサーリンク

一々斎とは

一々斎は、和三盆糖を使った素朴なお菓子。
島根県松江市にある老舗、高見一力堂で製造・販売されています。

伝統的な茶菓子を多く製造している一力堂ですが、一々斎もそのひとつ。
一々斎という名前は、松江藩七代目藩主であった松平不昧公(ふまいこう)の茶号からとられたものです。

松平公は江戸時代を代表する茶人として知られ、松江は現在でも茶菓子文化が継承されています。

一々斎は手づくりの和三盆糖を使った、上品な口溶けの打菓子となっています。

一々斎を食べてみて

外箱や個包装に書かれている「弌々斎」の文字に、歴史を感じますね。
笹の葉模様のふたを開けると、10円ガムほどのサイズの落雁がきれいに整列しています。

使われている材料は、和三盆糖とでんぷんのみ。
口のなかでゆっくりと溶かしながら和三盆の風味を楽しむ、まさにお茶菓子です。

ぱくぱくと食べるのではなく、ひとくちずつじっくりと味わいたいですね。

一々斎の値段と買える場所

一々斎は、24個入りの一折が1,718円、二折が3,435円、三折が5,152円(税込)。
出雲空港一力堂のホームページで購入できますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名一々斎
内容量12個入り24個入り48個入り72個入り
製造者(有)高見一力堂
製造者住所島根県松江市西川津町2085-11
原材料和三盆糖、ばれいしょ澱粉
賞味期限3ヶ月
保存方法直射日光・高温多湿を避け、常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 13cm × 高さ 3.2cm
名産地島根県
販売場所出雲空港
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内5,000円超

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!