ひよ子

スポンサーリンク

ひよ子とは

愛され続けて100年、大正元年に誕生した名菓「ひよ子」は、平成の現代で博多を代表するおみやげになっています。

この「ひよ子」は、大正元年当時炭鉱の町だった筑豊飯塚で誕生します。
筑豊飯塚は炭鉱の町でありながら、お菓子作りも盛んな街だったのです。

飯塚で古くからの菓子屋を営んでいた二代目店主である石坂茂が、ひよ子饅頭を生み出し通常の饅頭とは違う、立体感をあらわすことに成功しました。

この「ひよ子」は飯塚でお土産物として大人気です。

その後、昭和32年に飯塚から福岡へ出店し人気を得ることに成功します。
昭和41年には東京駅にも出店し、博多土産としてでだけではなく東京土産としても親しまれるようになったのです。

ひよ子は飯塚から福岡そして東京、さらには全国へと段階を経て広がっていったおかしなのです。

ひよ子を食べてみた感想

「ひよ子」は愛くるしい形をしたお饅頭なので食べるのもはばかられてしまいますが、ひとくち食べてみます。
饅頭の皮の中まで餡が、ぎっしりと詰まっており満足感は高いです。

昔ながらの饅頭ということもあり老若男女問わず楽しむことができると思います。

一緒に用意する飲み物は、温かいお茶がいいでしょう。
お茶を飲みながら「ひよ子」を食べるのは、優雅なひとときになること間違いありません。

誰もが知っている有名な博多土産なのでおみやげとしても重宝します。
博多駅や周辺の百貨店、空港など博多であれば至る所でこの「ひよ子」を目にします。

お土産を選ぶ時間がないときにピッタリかもしれません。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名ひよ子
内容量9個入り
製造者株式会社ひよ子H
製造者住所福岡市南区向野一丁目16番13号
原材料小麦粉砂糖還元水飴麦芽糖水飴膨張剤ブドウ糖ソルビトール着色料(ビタミンB2)白餡(隠元豆)
賞味期限2週間ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避け、涼しいところで保管して下さい。
箱の大きさ横 15.4cm × 奥行き 22.1cm × 高さ 5.2cm
名産地福岡県博多
販売場所福岡空港北九州空港博多駅大丸福岡天神店下関大丸博多阪急岩田屋本店コレット井筒屋井筒屋小倉店井筒屋黒崎店福岡三越トキハ本店鶴屋百貨店山形屋(鹿児島)宮崎山形屋
おみやげの種類饅頭和菓子
価格帯1,000円以内

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!