東海道大名物 走り井餅

走り井餅 外装
走り井餅 外装
スポンサーリンク

東海道大名物 走り井餅について

走り井餅は東海道の大名物とも言われるほどに有名な、滋賀県大津市の銘菓。
こしあんを餅で包んだシンプルな和菓子です。

走り井餅の始まりは、江戸時代中期の1700年代半ばといわれています。

かつての大津は、東海道・中仙道・北陸道が合流する主要な土地でした。
その地にあった井戸から勢いよく出る水「走り井」が、旅人の喉をうるおしていました。

そんな水を使ってできたお餅が「走り井餅」と呼ばれ、旅人たちのお腹を満たしていたのです。
250年近く食べ継がれてきた貴重な一品ですね。

ちなみに走り井餅の形状は、泉から勢いよくわきでる水滴をモチーフにしているんですよ。
たった一つのお餅から、昔の様子を垣間見ることができいいですね。

滋賀を旅する機会があれば、ぜひこの大名物を食べてみてはいかがでしょうか。

*5個入りのほかに10個入りがあります。きなこ味や抹茶味との詰め合わせでも販売されていますよ。

東海道大名物 走り井餅を食べた感想

真っ白できれいなお餅、水滴に似せてつくった独特の形が印象的です。

触感がよく、食べる前から「あぁ、これはかなりおいしい餅なんじゃないかな」と期待してしまうほど。

食べると予想どおり!弾力がありすぎず、やわらかすぎない。
ちょうどよいもちもち感で、とてもおいしいです!

ほどよい量のこしあんもさらっと美味しく、餅と一体となり後味もいいですね。

「大きさ・触感&食感・甘さ・後味」のバランスがとてもいいお餅だと感じました。

東海道大名物 走り井餅が買える主な場所

 

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名東海道大名物 走り井餅
内容量5個入り10個入り
製造者(株)走り井餅本家Y
製造者住所滋賀県大津市横木一丁目3-3
原材料砂糖トレハロース餅粉米飴でんぷん小豆こしあん、酵素(原材料の一部に大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限製造日より15日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 10.0cm × 奥行き 19.0cm × 高さ 3.0cm
名産地滋賀県
販売場所JR大津駅近鉄百貨店草津店
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!