グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカ

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカ 外装
グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカ 外装グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカ 開封した写真グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカ 中身の写真
スポンサーリンク

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカについて

カカオ豆からチョコレートになるまでの全行程を一貫して行うチョコレート専門店、「green bean to bar CHOCOLATE(グリーン ビーン トゥ バー チョコレート)」。

カカオ豆の仕入れから細かい作業工程を経て丁寧に作られるチョコレートは、カカオが持つ本来の風味が存分に活きています。

チョコレートの完璧な口溶けと味わいを作り上げるため、温度管理やロースト時間の調節などを徹底。

さらに、チョコレートに使う素材は「カカオ豆」と「オーガニックシュガー」のみというこだわりぶり。

シンプルな素材に手間暇をかけるからこそ、ダイレクトにカカオの風味が伝わる製法なのです。

それにより、カカオ豆の種類によってチョコレートの風味や味わいがまったく異なるので、食べ比べてみるのもおすすめですよ。

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカを食べた感想

ペルー産の希少なカカオ豆が使用されているチョコレートです。

名前とパッケージの可愛さから、甘いチョコレートを想像しましたが、味はビターで個性的。

カカオ75%のダークチョコレートなので、苦味は強めです。

しかし、その中に酸味、渋み、まろやかさも共存し、複雑でクセのある味わい。

好みが「好き」と「嫌い」で真っ二つに分かれるかもしれません。

ちなみに、私は好みの味でした。

というのも、その主張の強さの中にハーブのような爽やかな香りも感じ、とても癒されるのです。

食べると思わず目をつぶってしまうそのアロマ効果は、「おいしい」を超える体験です。

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカが買える場所

  • 中目黒店(東京都目黒区青葉台 2-16-11/営業時間:11:00~21:00/定休日:水曜)
  • 福岡店(福岡県福岡市中央区今泉 1-19-22 西鉄天神CLASS 1F/営業時間:11:00-21:00/定休日:水曜)

その他、催事などに参加されることもあります。詳しくはお店のホームページでご確認ください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名グリーン ビーン トゥ バー チョコレート アルパカ
内容量100g以内
製造者株式会社ロイヤルアーツ
製造者住所東京都目黒区青葉台2-16-11
原材料カカオ豆オーガニックシュガー
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限4か月ほど
保存方法直射日光、高温多湿な場所を避けて保存してください。
箱の大きさ横 7.5cm × 奥行き 4.5cm × 高さ 1cm
名産地東京都
おみやげの種類チョコレート
価格帯2,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!