元祖ねぎみそ煎餅

評価★★★★★4/5
クチコミ3
元祖ねぎみそ煎餅 外装
元祖ねぎみそ煎餅 外装元祖ねぎみそ煎餅 開封した写真元祖ねぎみそ煎餅 中身の写真
スポンサーリンク

元祖ねぎみそ煎餅とは

埼玉の特産品、深谷ねぎを使ったお煎餅をご紹介します。

千葉県と一二を争う長ねぎの生産地、埼玉県。
なかでも深谷市で作られる「深谷ねぎ」は、柔らかさと強い甘みで人気のブランドねぎです。
糖度は10~15度前後といわれ、みかんなどの果物に匹敵します。

そんな甘くておいしい深谷の生ねぎを使用し、特製のみそだれを絡めてからっと焼き上げたのが「元祖ねぎみそ煎餅」。
埼玉県内では自宅用としても贈り物としてもよく使い、スーパーマーケットでも流通している、馴染みのあるお煎餅ですよ。

作っているのは昭和56年4月創業、さいたま市大宮区に本社を置く米菓製造販売会社「片岡食品」。
深谷ねぎだから深谷のお菓子…と思われがちですが、実はさいたま市のものなんですね。

さいたま観光国際協会が選ぶ、オススメのお土産「さいたま推奨土産品」で3回連続金賞を受賞、その他「全国推奨観光土産品品評会」優秀賞を受賞するなど、品質はお墨付き。
片岡食品の看板商品となっています。

元祖ねぎみそ煎餅を食べた感想

袋に長ねぎのイラストが描かれ、お煎餅表面にも刻みねぎがたくさん付いている、見た目のインパクト大なお煎餅。
袋を開けると漂うねぎの香りが食欲をそそります。

一口かじるとさらに広がる、焼けたねぎとおみその香ばしい風味。
生のねぎを切った時のツンとした香りではなく、加熱して甘さの引き立った焼きねぎのような芳醇な香りで、思ったより上品なお味でした。

みそだれは程よい甘さで塩分抑えめ。
しょっぱすぎず甘すぎずいい塩梅で、とても食べやすいです。
そしてなにより、ねぎとみその相性がバツグン。
この味は他にはなかなかないな、と思える美味しさでクセになります。

厚みは一般的なお煎餅と同じくらい。
パリッとしっかり固めな食感で、お煎餅らしい噛みごたえがあるのがいいですね。
表面のねぎみその量とのバランスが絶妙で後を引き、2、3枚は一度に食べられてしまいそうです。
原材料のお米は国内産のみ使用なのも嬉しいポイント。

今回は贈答用12枚入りの箱を購入しました。
他には18枚、24枚、一番大きい物だと50枚入りの特大贈答箱まであります。
お手軽な袋タイプ5枚入りや、直営店ではバラ売りもしていますよ。
1枚ずつ個包装されて乾燥剤が入っており、賞味期限は購入した日から約半年後と長めの設定でした。

醤油ではなくみそ味、そして長ねぎ入りと一風変わった埼玉らしいお煎餅。
甘いものが苦手な方への手土産としてもいかがでしょうか。

元祖ねぎみそ煎餅を購入できる場所

その他、埼玉県内大手スーパーマーケットの贈答品コーナーでも販売しています。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名元祖ねぎみそ煎餅
内容量5個入り12個入り18個入り24個入り50個入り
製造者株式会社 片岡食品
製造者住所埼玉県さいたま市大宮区三橋4-798
原材料醤油発酵調味料調味料(アミノ酸等)味噌三温糖でん粉うるち米(国内産)、鰹エキス、ねぎ(原材料の一部に大豆・小麦を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限4ヶ月間
保存方法直射日光・高温多湿をさけ、常温で保存して下さい
箱の大きさ横 30.0cm × 奥行き 23.5cm × 高さ 5.0cm
名産地埼玉県
販売場所JR浦和駅おかべ
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!