名門堂千原 里柿

里柿外装
里柿外装里柿開封した写真里柿中身の写真
スポンサーリンク

名門堂千原の里柿とは

丹波地方を平定した明智光秀が築いた福知山城がある町「京都府福知山市」

その福知山市にある老舗和菓子店「名門堂千原」の銘菓です。

名門堂千原は今から約400年前の1611(慶長16)年に創業、江戸時代には宮津藩の御用菓子司を務めていました。
大正時代に福知山市へ移転し、長きに渡り地元に愛される銘菓を作り続けています。

里柿は干柿をイメージしたお菓子で、小豆餡に細かく切った干柿を混ぜた餡を求肥で包み、平べったくした後、砂糖をまぶした餅菓子です。

和紙に包まれた一口サイズの上品なお菓子となっています。

里柿を食べた感想

里柿を食べると、まずシャリッとした砂糖の食感の後、モチモチの求肥と餡の甘みが口の中に広がります。

干柿が入った餡自体は甘めですが、一個のサイズが小さいので、くどくなりすぎずちょうどいいバランスの甘みでした。

柿の風味はそんなに強くないので、柿が苦手な方でも美味しくいただけるお菓子です。

緑茶や抹茶、ほうじ茶によく合うので、お茶請けのお菓子としても喜ばれそうです。

里柿が買える場所

福知山市にある名門堂千原の店舗では、1個(75円)から50個入り(4,680円)まで様々な個数の里柿を購入することができます。

福知山駅にあるセブンイレブンではおみやげにぴったりな15個入り(1,300円)と30個入り(2,600円)が販売されています。

関東では、日本橋三越の菓遊庵で9個入り(700円)を購入できます。

また、婦人画報の通販でもお取り寄せが可能です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名名門堂千原 里柿
内容量9個入り15個入り24個入り30個入り40個入り50個入り
製造者名門堂千原
製造者住所京都府福知山市駅前町36
原材料水飴みりん小豆寒梅粉グラニュー糖片栗粉干柿、白双糖
賞味期限常温で10日間
保存方法直射日光、高温多湿の場所を避けて常温で保存してください
箱の大きさ横 15cm × 奥行き 15cm × 高さ 2.5cm
名産地京都府
販売場所福知山駅日本橋三越本店
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内3,000円以内5,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!