千鳥屋宗家 かすていら

千鳥屋宗家 かすていら 外装
千鳥屋宗家 かすていら 外装千鳥屋宗家 かすていら 開封した写真千鳥屋宗家 かすていら 中身の写真
スポンサーリンク

千鳥屋宗家 かすていらとは?

江戸時代に南蛮より伝えられたカステラ。
伝統の製法で作られた「千鳥屋宗家 かすていら」は、五三焼きで作られています。

五三焼きとは、カステラを作る時に使われる卵黄と卵白の割合を変えて作る製法のこと。卵黄を多く、卵白を減らすことによって濃厚な味わいになるのです。

さらに深い甘味をあたえる蜂蜜は最高級品を使い、卵も新鮮な地卵のみを使用するというこだわり。

やわらかで深みのある味わいが特徴のカステラです。

日持ちは約20日ですが、一度開封したら冷蔵庫で保管して早めに食べてください。

カステラはそのしっとりとした食感が命。
開封してしまうと、どんどん固くなっていき本来のおいしいカステラを味わうことができなくなります。

「千鳥屋宗家 かすていら」には4つのラインアップがあります。

  • 半切り:525円
  • 1本:1,250円
  • 2本箱入り:2,600円
  • 3本箱入り:4,000円

千鳥屋宗家 かすていらを食べた感想

千鳥屋宗家 かすていらは、一般的なカステラと比べると少し小ぶりのカステラです。

このカステラの第一印象はとても鮮やかということ。特にカステラの真ん中、黄色の部分がとても鮮やかな黄色なんです。

手に取るとふっくら、そしてしっとりとした質感が指先から伝わってきます。そして指先にはねっとりとしたものがまとわりついてくるんです。

指先からだけでも十分に甘くておいしいカステラなんだろうというのが伝わってきますよ。鮮やかなカステラからは蜂蜜の甘い香りも。

カステラを一口。

カステラは思った以上にしっとりとしていて、ギュッと中身が詰まっています。重厚感があって食べ応えがありますね。

一口目にはそれほど甘味は感じないのですが、しばらくすると口の中でじわ〜っと甘味があふれ出してくるんです。蜂蜜の上品で濃厚な甘味はとてもおいしい!

そして忘れてはならないのは端の焦げた部分。
カステラといえばやはりこの部分が格別においしいですよね。

茶色のしっとりとしたお焦げは甘味が凝縮されています。黄色の部分にも増して甘味が強くてしっとり。甘い蜂蜜がじわ〜っとあふれ出してくるかのよう。

濃縮された甘味と独特の香ばしさが楽しめます。

千鳥屋宗家 かすていらが買える場所

千鳥屋宗家 かすていらは、千鳥屋の各店舗オンラインショップで購入することができます。

なお、半切りはオンラインショップでは販売されていません。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名千鳥屋宗家 かすていら
内容量1個入り2個入り3個入り4個入り101〜200g
製造者(株)千鳥屋宗家C
製造者住所大阪市中央区本町3-4-12
原材料砂糖小麦粉水あめ蜂蜜
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約20日
保存方法直射日光、高温多湿を避けて下さい。開封後はお早めにお召し上がり下さい。
箱の大きさ横 9.4(半切り)cm × 奥行き 13.0(半切り)cm × 高さ 6.8(半切り)cm
名産地大阪府
販売場所箕面駅阪神梅田本店
おみやげの種類カステラ焼き菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円超

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!