日乃出本店 ぶどう饅頭

スポンサーリンク

ぶどう饅頭とは

日乃出本店のぶどう饅頭といえば、徳島では有名なお菓子で、その歴史はなんと1世紀以上。

発売から101年目の2015年、パッケージデザインや仕様をリニューアルしていますが、そのおいしさはずっと変わりません。

なぜ徳島でぶどうなのかというと、実は果物ではなく「武道」が語源です。

ぶどう饅頭のふるさと、徳島県穴吹は、武道信仰で有名な剣山(つるぎさん)のふもとにあります。
参拝客に何かいいおみやげはないか?と考え、武道とかけたぶどう饅頭が考案されました。

練乳入りのあんの味と変わった形でたちまち評判を呼び、現在では徳島名物として定着しています。

また、おもしろいのがぶどう饅頭と一緒に封入されている「壱億円札」
発売当初から幸運のお守り札として添えられており、「美味しさだけでなく喜びと笑いをとどけたい」という願いが込められています。

ぶどう饅頭を食べてみて

パッケージは日之出本店のシンボルカラーである緑色を前面に打ち出しており、串に刺さったぶどうをイメージした筆書きのデザインが斬新です。

6本入りの封を開けると、2袋にそれぞれ串が3本ずつ入っています。
その見た目は饅頭というより、むしろお団子にそっくり。

色も形も、そしてほのかな香りもぶどうそのものなのですが、材料にぶどうは使われていません。
ぶどう風味のやわらかいあんを丸くして串に刺しているような印象です。

吉野川の澄んだ水を使用した自家製あんには、当時ハイカラだといわれた練乳を使い、コクと風味を出しています。

口当たりがとってもなめらかで、サイズも小さめなので食べやすいです。
1袋に3本入りで多すぎず、硬くなる前に食べきれるのもうれしいポイント。

現在では、黄色い「ぶどう饅頭 鳴門金時」や赤い「ぶどう饅頭 春いちご」などの季節限定フレーバーもつぎつぎと登場しています。
歴史あるお菓子は、現在も進化を遂げながら愛され続けているんですね。

ぶどう饅頭の種類と値段

  • 6本入り:540円
  • 12本入り:1,080円
  • 24本入り:2,160円
  • 36本入り:3,240円
  • 48本入り:4,320円

ぶどう饅頭が買える主な場所

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名日乃出本店 ぶどう饅頭
内容量6個入り12個入り24個入り36個入り48個入り
製造者(有)日乃出本店
製造者住所徳島県美馬市穴吹町穴吹字東岩手12-1
原材料小麦粉砂糖還元水飴トレハロース澱粉香料加糖練乳白隠元豆クチナシ色素
賞味期限1ヶ月
保存方法直射日光及び高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 13.2cm × 奥行き 19.2cm × 高さ 2.4cm
名産地徳島県
販売場所徳島飛行場上板SA
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内5,000円以内

ネットで探す

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!