お中元の時期はいつからいつまで?地域ごとの正しい時期や注意点のまとめ

スポンサーリンク

夏が近づくと、百貨店やスーパーでお中元用ギフトが並び始めます。
この風景に「今年ももうそんな時期がきたか」と感じるのではないでしょうか。

お中元は、1年の前半が終わったタイミングで、お世話になった人に向けて感謝の気持ちを込めて贈り物をする習慣です。「夏のごあいさつ」とも言われ、近年は親しい仲の相手にも気軽に贈られるようになりました。

そこで気になるのは、お中元を贈る時期についてです。「百貨店に商品が並びはじめたからもう大丈夫だろう」という考えには注意が必要かもしれません。なぜなら、それぞれの地域の文化によって、お中元の時期は微妙に異なるからです。

贈る相手に失礼のないよう、地域ごとの正しいお中元の時期をしっかり把握しておきましょう。

お中元の時期はいつからいつまで?

お中元を贈る時期はいつからいつまで?

若桃入りフルーツコンポート 中身

お中元を贈る時期は、一般的には7月1日から7月15日までとされています。

しかし、これはあくまで東京を中心とした東日本の場合。
じつは関西を中心とした西日本では、約1ヶ月遅れの8月1日から8月15日までが主流です。

お中元の時期はお盆の時期によって異なる

なぜ、地域によってこのようなズレが生じるのでしょうか?
これは、その地域の「お盆の期間」の違いによるものです。

一般的に関東地方のお盆は7月の15日を中心とした4日間。
一方、関西地方のお盆は旧暦のため、8月の15日を中心とした4日間となります。

この習慣の違いから、関東・関西だけでなく全国のさまざまな地域で、お中元の時期に微妙な差が生まれたのです。

それでは、全国の地域ごとのお中元の時期をチェックしていきましょう。

北海道:7月15日〜8月15日

北海道では、旧盆の時期にあたる7月15日から8月15日までがお中元の時期とされています。
関東地方に比べると、約1ヶ月間と比較的長いのが特徴です。

ただし、道外の人から7月初旬にお中元が届くこともあり、北海道内でも時期が徐々に早まる傾向にあります。

北陸地方:地区によって異なる

北陸地方の場合は、金沢地区と能登地区で時期が異なるため注意しましょう。
西側の金沢地区は関東と同じで7月1日から7月15日まで、東側の能登地区は7月15日から8月15日までが一般的です。

関東・東北地方:7月1日〜15日

関東や東北の広い地域では、7月1日から7月15日までが一般的です。
この時期に相手のもとに届くよう手配しましょう。

しかし、神奈川や東京などの首都圏では年々時期が早まっており、6月20日過ぎから始まるところも増えてきています。

ここには、お中元を贈る期間が短いことから、配送が集中するのを避けるという意味合いもあるようです。

関西地方:8月1日〜8月15日

関西地方では、関東地方の1ヶ月遅れで8月1日から8月15日までが一般的です。

中部・東海・中国・四国地方:7月15日〜8月15日

中部・東海・中国・四国といった西日本側では、7月下旬から8月15日までが一般的です。

九州地方:8月1日〜15日

九州地方は関西と同じで、関東の1ヶ月遅れの8月1日から8月15日となります。

沖縄地方:旧暦の7月15日まで

沖縄地方の場合はちょっと特殊で、旧暦のお盆である7月15日がお中元の時期となります。
そのため毎年日にちがかわりますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

ちなみに2017年は9月3日から9月5日までとなります。
期間が3日間と短いので注意が必要です。

地域差は徐々になくなってきている

このように、お中元を贈る時期は地域によってさまざま。
全国に贈る相手がいる場合は、混乱してしまうかもしれませんね。

しかし、最近ではこの地域差は徐々になくなってきています。
関西地方でも、関東地方の人から7月中にお中元が贈られることが多いせいか、7月中にお中元を贈ることが一般的になってきました。

また、関東地方は約2週間と時期が短いことから、前倒しで6月中から贈られる動きも出てきています。
全体として見ると、だんだん時期が早まってきている傾向にあるんですね。

お中元の時期を過ぎてしまった場合

気をつけていても、うっかり忘れていてお中元の時期を過ぎてしまった!ということがあるかもしれません。

関東地方で7月15日を過ぎてしまった場合、8月の立秋の日(2017年は8月7日)までは「暑中御見舞」、立秋以降は「残暑御見舞」として贈るようにします。

関西地方の場合は、8月15日を過ぎてしまったらすべて「残暑御見舞」とするのがいいでしょう。
残暑お見舞いとして贈る場合でも、8月いっぱいまでに届くようにするのがマナーです。

お中元商品の早割り・早期特典の時期

大手百貨店やスーパーでのお中元商品は、6月から取扱いを始めるところが多くなっています。
なかには早期予約で割引を行っているところもあるので、近くのお店をチェックしてみてください。

なお、オンラインショップの場合、配達日の指定ができないこともあるため発送日に注意しましょう。

2017年のお中元の早割の時期や特典(オンラインショップ)

  • 高島屋・・・5月12日(金)~「高島屋のお中元2017」から10,000円以上の購入で先着28,000名に高島屋オンラインストアオリジナルランチクーラーバッグをプレゼント(なくなり次第終了)
  • 三越・・・5月12日(金)~「三越のお中元」「ふるさとギフト」から10,000円以上の購入で三越オリジナルトートバッグをプレゼント
  • 大丸・松坂屋・・・6月1日(木)~8月8日(火)まで対象商品約1,200点が10%オフ
  • 西武そごう・・・5月11日(木)〜6月30日まで優待対象商品1,001品が5%~15%オフ。7月1日以降は483品が10%オフ
  • 近鉄百貨店・・・8月5日(土)午後6時までおすすめギフト880点が10%オフ。「近鉄のお中元」から10,000円以上の購入でオリジナルランチトートバッグをプレゼント(数量限定)
  • 阪急百貨店・・・6月30日(金)まで赤いギフトカタログが5~15%オフ
  • イトーヨーカドー・・・7月7日(金)までカタログ掲載価格から10%オフ。ネット通販限定で7月9日(日)までnanacoポイント10倍プレゼント
  • イオン・・・7月10日(月)まで「早得」商品が10%オフ
  • 郵便局・・・5月22日(月)~7月3日(月)まで早期割引料金が適用

さいごに

お中元は、ついつい自分の地元の習慣に合わせた時期に贈ってしまいがち。
しかし、実際には日本全国で最大1ヶ月のズレがあるため、注意が必要です。

今年前半の感謝と、後半もよろしくお願いしますという気持ちを込めて贈るお中元。
できるだけ相手が住む地域に合わせて贈り、失礼がないようにしたいですね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

里園(りえん)

秋田県出身・在住の30代女性。2016年8月からwebライターとしてフリーランスで活動しています。ブログ「コトノタネ」で地元・秋田の食べ歩き&お出かけ情報を紹介中。 和洋問わず甘いもの好きで、おみやげは味はもちろん見た目の可愛さにもこだわる派です。

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!