母の日にメッセージで感謝も添えよう!文例とメッセージカードを用意する方法

スポンサーリンク

5月の第2日曜日は「母の日」です。(2017年は5月14日)
定番のお花やプレゼントを贈るのもいいですが、おすすめしたいのは、心のこもったメッセージを添えること。

普段は遠くに住んでいてなかなか会えなかったり、照れくさくて言えなかったりする感謝の言葉も、メッセージカードを使えば自然に伝えることができます。

今回は、母の日にメッセージを贈るためのおすすめのグッズやショップ、サンプル文例をご紹介していきますね。

母の日のプレゼントにはメッセージを添えてみよう

あなたは最近、母親にプレゼントを贈りましたか?

母の日は、1年に1度やってくる特別な日。
感謝の気持ちをあらわすなら、ぜひプレゼントにメッセージを添えてみましょう。

プレゼントを贈って、相手に喜んでもらいたい。ありがとうを伝えたい。
そう思っているなら、気持ちをはっきりと言葉にしてみてください。

心のこもったメッセージをもらって、嬉しくないお母さんはいませんよ!

母の日のメッセージ文例

メッセージカードにもこだわってみよう

メッセージを贈ると決めたら、メッセージカードにもこだわってみましょう。

手作りメッセージカードを作ってみよう

自分で用紙を買ってきたり、イラストやシールでデコレーションしたりして、手作りしてみるのもおすすめです。
小さい子どもがいる家庭なら、親子で一緒に作ってみてもいいかもしれませんね。

カードは何といっても、手書きがおすすめ。
印刷された文章では何だか味気ないですよね。

内容は難しく考えず、シンプルで構いません。
心を込めて書けば、その気持はきっと相手にも伝わるはずですよ。

無料サービスもたくさんあるので利用してみよう

メッセージカードのテンプレートがダウンロードできるサイトです。好みのデザインを見つけたら、ダウンロードして印刷してみましょう。

テンプレートBANK

アプリを使えば、ネット上で編集が可能です。名刺サイズとはがきサイズのテンプレートがあり、種類も豊富です。

さきちん絵葉書

おしゃれで女性らしいデザイン・イラストが魅力。印刷や加工方法の説明ページもありわかりやすいですよ。

楽しもう!Officeライフ

パワーポイントやワードなど、Officeを使い慣れている人におすすめ。オリジナル写真を使ったカードや、飛び出すカードなどの作成ができます。

市販のメッセージカードを使ってもOK

手作りは手間と時間がかかる…という場合は、市販のメッセージカードを利用しましょう。

ポップアップメッセージカード

封を開けると、カーネーションが飛び出す仕掛けのカード。もちろんオリジナルメッセージも添えることができます。

立体カーネーションカード

立体であらわれるカーネーションの花束の影から、メッセージがあらわれる仕組みです。

「THANKS MOM」カード

表紙に「THANKS MOM」と書かれたシンプルなカード。中にたっぷりとメッセージを書くことができます。

プレゼントと一緒にメッセージが添えられるショップ

プリティマーメイド

早期予約特典として、2017年4月3日の9時59分までの注文なら、フリーメッセージをカードにプリントしてくれるサービスが付きます。それ以降の注文の場合は、あらかじめ文字が入ったカードもしくはピックが付属します。

ナチュラルアース

4種類のデザインからカードを選び、好きなメッセージを添えることが可能。指定がなければ、定型文のままでも贈れます。

ユーアンドアイ

4月の注文までなら、好きなメッセージカードが選べます。箱入りギフトの場合はフィルムへの文字入れも可能です。

メッセージ文例を相手別にご紹介!

いざメッセージを書こうと思っても、どう書いていいかわからないという人も多いかもしれません。
そこで、メッセージを書くポイントとともに、母親向け・義母向け・奥さん向けのメッセージ文例をご紹介します。

メッセージを書くポイント

メッセージを書く上で大切なのは、気持ちが伝わるかどうかです。
決して、長文のきちんとした文章を書く必要はないので、気負いすぎないこと。

基本的には感謝の気持ちをベースにし、お母さんと最近あったエピソードを織り交ぜてみましょう。
たとえば、食事や温泉に行ったなら「楽しかったね」「また行こうね」、何か買ったならその感想を書くなどです。

さらに、日頃お母さんが頑張っていることへのねぎらいや、身体をいたわる言葉を添えるのもおすすめですよ。

母親向け

  • いつも家のことをありがとう。ほどほどに息抜きもしてください。
  • これからも笑顔の素敵なお母さんでいてください。
  • いつもありがとう。仕事や家のことをあまり頑張りすぎないでね。
  • 身体に気をつけて、これからも長生きしてください。
  • 産んでくれてありがとう。これからもよろしくお願いします。

義母向け

  • これからも若々しく元気なお母さんでいてください。
  • いつもご配慮いただきありがとうございます。お身体に気をつけて、お元気でいらしてください。
  • いつも子どもたちの世話をしてくださりありがとうございます。とても助かっています。
  • ささやかですが、プレゼントを贈ります。至らぬ点が多い私ですが、これからも色々と教えてください。

奥さん向け

  • 家事や子育て、いつもお疲れさま。○○は僕の自慢の奥さんです。感謝の気持ちを贈ります。
  • 仕事と家庭の両立を頑張る姿、本当に尊敬しています。いつもありがとう。
  • いつもおいしいご飯(お弁当)をありがとう!○○のおかげで仕事が頑張れます。

シンプルに一言でもOK!

  • いつもありがとう
  • 大好きだよ
  • これからも長生きしてください
  • また温泉に行こうね
  • またお正月に帰ります
  • 頑張りすぎないでね
  • お父さんと仲良くね
  • 健康に気をつけて過ごしてください

母の日は感謝の気持ちをメッセージに込めて贈ろう

メッセージを贈るのが照れくさいからと、プレゼントやお花を贈って終わりにしていませんか?
お母さんにしてみれば、メッセージをくれたその気持ちが一番のプレゼントかもしれません。

変に格好つけた言葉じゃなくていいのです。豪華なカードじゃなくてもかまいません。
心を込めて書いたメッセージなら、その気持ちはきっと伝わるはず。

ぜひこの記事を参考に、母の日のメッセージカード作りをはじめてみてください!

母の日に関する記事

参考:2017年、今年の母の日はいつ?母の日の由来やカーネーションを贈る意味とは

スポンサーリンク

この記事を書いた人

里園(りえん)

秋田県出身・在住の30代女性。2016年8月からwebライターとしてフリーランスで活動しています。ブログ「コトノタネ」で地元・秋田の食べ歩き&お出かけ情報を紹介中。
和洋問わず甘いもの好きで、おみやげは味はもちろん見た目の可愛さにもこだわる派です。

スポンサーリンク

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!