開運堂のお菓子をほぼ全種類食べた感想・通販サイトの使い方まとめ【完全ガイド】

スポンサーリンク

「開運堂」は、長野県松本市に本店を構えるお店です。
このページでは、開運堂のお菓子をほぼ全種類食べた感想や、オンラインショップでの購入方法をまとめています。

開運堂のお菓子は、洋菓子から和菓子に至るまでバリエーションが豊富!

おみやげとしてはもちろんのこと、行事ごとのギフトにも適しています。
贈る相手の好みに合わせて、お菓子を選べるのが魅力的ですよ。

このページを開運堂の完全ガイドとして、ぜひ参考にしてみてください。

参考:開運堂のオンラインショップはこちら

開運堂について

開運堂は、長野県松本市に本店を構えるお店です。
正式名称は「御菓子司 開運堂」といって、明治17年から菓子業に取り組み、創業130年以上という長い歴史を持つお店でもあります。

昔から、信州ならではのお菓子づくりに力を入れており、地産地消にもこだわった取り組みをしています。
開運堂のお菓子の原材料には、信州産のものが多く使われており、地域に根付いたお菓子づくりをしていることが伺えますよ。

共同企画のお菓子づくりも展開していて、長野にゆかりある絵本画家、いわさきちひろさんとのコラボ商品などもあります。
また、開運堂という名にふさわしく、開運老松や白鳥の湖といった、食べるだけで幸せが訪れそうなお菓子が多いのも特徴のひとつです。

開運堂の商品一覧

開運堂は、洋菓子から和菓子まで幅広くお菓子づくりを展開しています。
中でも、白鳥の湖はお取り寄せのおみやげとして人気高いお菓子。

見た目もオシャレなものが多いので、女性に喜ばれるお菓子が多い印象を受けました。

今回、35種類の開運堂のお菓子を食べたので、その種類とそれぞれのお菓子についての感想を紹介していきます。
季節限定のものもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

真味糖

開運堂 真味糖 中身の写真

開運堂 真味糖大島 中身の写真

開運堂 真味糖生 中身の写真

「真味糖」とは、鬼胡桃とはちみつを組み合わせた和風ヌガーのこと。
テレビでも取り上げられるほど、甘いお菓子として有名な茶席菓子です。

開運堂では、通常の真味糖のほかに、黒糖風味の真味糖大島や、珍しい生菓子タイプの真味糖生を選ぶことができますよ。
元々、茶席菓子として絶賛されるほどのお菓子なので、お茶会でお出しすると喜ばれることでしょう。

参考:真味糖の記事はこちら
参考:真味糖大島の記事はこちら
参考:真味糖生の記事はこちら

開運老松

開運堂 老松 中身
開運堂の創業80周年を記念して作られた「開運老松」は、中も外もすべてあんこで作られている蒸菓子。

名前からしてめでたいこちらのお菓子は、「長生きできるように」という意味が込められているんだとか。

縁起の良いお菓子なので、敬老の日などに贈るのもおすすめですよ!
2種類のあんこが楽しめるため、あんこ好きな方にはたまらないお菓子です。

参考:開運老松の記事はこちら

どらやき

開運堂 どらやき 中身の写真

開運堂の「どらやき」は、長野県産の小麦粉を100%使用して作られたしっとり系のどら焼きです。
個包装な上、専用の仮箱も用意されているので、法事の返礼品などにもぴったり!

また、季節限定でりんごどらやきも販売しています。
珍しいどら焼きが気になる方は、りんごどらやきがおすすめですよ。

通常のどらやきとりんごどらやきがセットになったものもあるので、2種類食べたい方はそちらを選んでみてくださいね。

参考:どらやきの記事はこちら

これはうまい

開運堂 これはうまい 中身の写真

「これはうまい」は、鬼くるみをふんだんに使ったくるみ饅頭です。
このお菓子が誕生したのは、なんと大正時代のこと!

百年以上も愛されている所以は、やはりそのおいしさがあってのことなのでしょう。
名前にふさわしく、シンプルながらも奥深いおいしさのあるお菓子でした。

パッケージも落ち着いた印象を与えるので、贈答用にもぴったりですね。

参考:これはうまいの記事はこちら

有明の月

開運堂 有明の月 中身の写真

「有明の月」は、黄身餡が入ったおまんじゅう。
その名の通り、夜明け前の空に輝く『有明の月』をイメージして作られたお菓子なんだとか!

バター風味のおまんじゅうなので、洋菓子が好きな方にもおすすめできる味です。
個包装されているため、おみやげとしても配りやすいですよ。

参考:有明の月の記事はこちら

義塩

開運堂 義塩 中身の写真

「義塩(ぎえん)」は、塩麹を使って作られたおまんじゅうです。
塩麹を使っていることもあり、淡い塩味が特徴的なおまんじゅうですよ。

中には白餡がぎっしりと入っており、食べ応えがあります。
こちらも落ち着いた印象のパッケージに入っているので、贈答用に向いていますね。

参考:義塩の記事はこちら

道祖神

開運堂 道祖神 中身の写真

「道祖神」は、和三盆糖で作られた小さな落雁です。
ころんっとした小さな落雁は、茶席のお菓子としてはもちろんのこと、来客時のお茶請けにもぴったり。

和三盆糖がふわっと香る、上品な落雁となっています。
モチーフになっているのが家内安全や夫婦和合を念じて作られた像なので、新婚さんに贈っても良さそうですね!

参考:道祖神の記事はこちら

開智

開運堂 開智 中身の写真

「開智」は、天にそびえる八角の高楼を表したふやき菓子。
重要文化財にもなっている、開智学校をモチーフに作られたお菓子なんですよ。

軽やかな口当たりは、まさしく”ふ”のよう。
珍しいお菓子が好きな方に、ぜひ贈りたい一品です。

参考:開智の記事はこちら

徳本峠

開運堂 徳本峠 中身の写真

「徳本峠」は、黒糖風味の求肥餅にくるみが入ったお菓子です。
4月27日の上高地開山祭から10月上旬までの限定販売品。

登山路の名がつけられたくるみ餅なので、登山家の方々にも愛されているお菓子だそうですよ。
山登りが好きな方に贈ると、喜ばれそうですね!

腹持ちが良いので、小腹が空いたときにちょこっとつまむのに適しています。

参考:徳本峠の記事はこちら

さざれ水

開運堂 さざれ水 中身の写真

「さざれ水」は、こし餡を大納言で包み、すり蜜でコーティングしたお菓子。
松本出身の歌人、窪田空穂の歌の一語をイメージして作られたお菓子なんですよ。

パッケージも風流なので、目上の方への贈り物としてもおすすめです。

参考:さざれ水の記事はこちら

ピケニケカステラ

開運堂 ピケニケカステラ鶏卵 中身の写真

開運堂 ピケニケカステラ珈琲 中身の写真

開運堂の西洋菓子の中でも、特に人気がある「ピケニケカステラ」シリーズ。
カステラの味は、鶏卵と珈琲といった2種類から選ぶことができます。

「ピケニケカステラ(鶏卵)」は、たまご感の強めなふんわりカステラ。
「ピケニケカステラ(珈琲)」は、ほろ苦さのあるビターテイストな大人味のカステラ。

好みに合わせて、好きなほうの味を選べるのが嬉しいですね。

個包装されている上、パッケージに描かれたレトロなイラストが可愛らしいので、お茶菓子にぴったりです。
オシャレ感のある手土産なため、特に女性に贈ると喜ばれそうですね。

参考:ピケニケカステラ(鶏卵)の記事はこちら
参考:ピケニケカステラ(珈琲)の記事はこちら

ロールケーキ

開運堂 ナッツロール 中身の写真

開運堂 モカロール 中身の写真

開運堂では、「ナッツロール」と「モカロール」といった、味が異なる2種類のロールケーキを楽しめます。

くるみがちりばめられたシュー皮とプレーンのスポンジ2層からなる「ナッツロール」は、香ばしくもコクのある味わい。

モカスポンジにモカクリームをはさんだ「モカロール」は、余すところなくモカづくしの一品。

ロールケーキというと子どもが好む味のイメージですが、開運堂のロールケーキはどちらかというと大人向けな味です。

レトロでオシャレなパッケージ入りな上、ロールケーキが1本まるまる入っているので、手土産として持参すると喜ばれますよ。

参考:ナッツロールの記事はこちら
参考:モカロールの記事はこちら

アップルクイーン

開運堂 アップルクイーン 中身の写真

長野といえば、りんごが有名ですよね!
そんなりんごをふんだんに使ったお菓子が、こちらの「アップルクイーン」。

紅玉りんごをたっぷり使ったスポンジケーキになっています。
中にはダイスカットしたりんごが入っており、シャキッとした食感を楽しむことができますよ。

りんご好きな方には、「りんごの天使」や「りんごどらやき」とあわせて贈るのも良いかもしれませんね。

参考:アップルクイーンの記事はこちら

アンドゥマロン

開運堂 アンドゥマロン 中身の写真

「アンドゥマロン」は、パリの五月という焼き菓子シリーズのひとつ。
マロンペーストをたっぷりと使った、贅沢な栗のケーキとなっていますよ。

中に入っている、栗の渋皮煮がちょうどいいアクセントになっています。
栗好きな方にぜひとも贈りたい一品ですね。

参考:アンドゥマロンの記事はこちら

マロンパイ

開運堂 マロンパイ 中身の写真

こちらも、パリの五月という焼き菓子シリーズのひとつ。
「マロンパイ」は、パイ生地の中に栗がごろりと入った贅沢なパイになっています。

個包装されているわけではないので、開封したらその場で分けてしまったほうが良いですね。
栗好きな方へ贈る場合は、「アンドゥマロン」とセットで購入するのも良いでしょう。

参考:マロンパイの記事はこちら

サトランジェ

開運堂 サトランジェ 中身の写真

「サトランジェ」は、パリの五月という焼き菓子シリーズのひとつ。
オレンジピール入りのバターケーキは、爽やかな風味が特徴的です。

見た目的にも爽やかなので、夏のお茶菓子としてもおすすめ!
甘さ控えめなため、甘いものが苦手な方でも食べやすい味になっていますよ。

参考:サトランジェの記事はこちら

アメリカンクッキー

開運堂 アメリカンクッキー 開封した写真

1缶でいろんな種類のクッキーを楽しみたい方におすすめなのが、「アメリカンクッキー」。
こちらは、全部で6種類の違う味わいのクッキーを楽しめます。

ナッツやチョコチップが入った、ザクザク系のクッキーを好む方におすすめ。
値段のわりに量が多めなので、お得感がありますね。

参考:アメリカンクッキーの記事はこちら

一口チーズケーキ松本牧場

開運堂 一口チーズケーキ松本牧場 中身の写真

「一口チーズケーキ松本牧場」は、ふわっとした軽い口当たりのムース風チーズケーキ。
こちらは松本近郊の酪農家から仕入れた乳製品で作られており、地産地消へのこだわりを感じます。

ポップでかわいらしい牛のパッケージが目印!
個包装されているので、おみやげとしても配りやすいですよ。

参考:一口チーズケーキ松本牧場の記事はこちら

白鳥の湖

開運堂 白鳥の湖 中身の写真

開運堂の人気お菓子でもある「白鳥の湖」は、お取り寄せ率ナンバーワンの品!
特に、若い女性からの高い人気を誇るお菓子なんだそうです。

白鳥が描かれたクッキーは、どこか儚げで美しいですよね。
その柔和な雰囲気が、女性の心をとりこにするのでしょう。

ポルポローネらしい、ほろっとした食感も魅力的!
個包装されているので、おみやげとしてもぴったりです。

参考:白鳥の湖の記事はこちら

ウェストンビスケット

開運堂 ウェストンビスケット 中身の写真

「ウェストンビスケット」は、ベルガモットの香りがするミルクビスケット。
有名な登山家のウォルターウェストン氏をイメージして作られた、ビスケットです。

ビスケットとしては大きめなサイズなので、インパクトも大きいですね。
登山を好む方へのおみやげとしても、おすすめです。

参考:ウェストンビスケットの記事はこちら

木の葉の精

開運堂 木の葉の精 中身の写真

「木の葉の精」は、メイプルシュガーとナッツを使ったパウンドケーキです。

開運堂は、共同企画のお菓子づくりにも力を入れており、こちらは安曇野ちひろ美術館とのコラボ菓子。
3月~11月下旬までの期間限定品となっているので、ちひろ作品が好きな方に贈ると喜ばれることでしょう。

同じく、ちひろ作品とのコラボ菓子、「りんごの天使」とセットになった詰め合わせもおすすめです。

参考:木の葉の精の記事はこちら

りんごの天使

開運堂 りんごの天使 中身の写真

「りんごの天使」は、珍しい和風のアップルパイ!
食べ切りサイズになっているので、おみやげにも最適なサイズ感です。

こちらも、安曇野ちひろ美術館とのコラボ菓子。
3月~11月下旬までの期間限定品となっているので、ちひろ作品が好きな方に贈ると喜ばれることでしょう。

「木の葉の精」とセットになったものも、おすすめですよ。

参考:りんごの天使の記事はこちら

ピジュトリー

開運堂 ピジュトリー 中身の写真

開運堂 ピジュトリー塩味 中身の写真

「ピジュトリー」は、煎ったナッツをチョコレートでコーティングしたお菓子です。
一粒一粒、職人さんが手作りしているというこだわりっぷり!

通常の「ピジュトリー」だけでなく、塩っ気のあるチョコ「ピジュトリー塩味」といった2種類の味から選ぶことができます。

10月1日から4月下旬までの限定販売品なので、バレンタインの贈り物としてもぴったりですね。
壷入り、箱入り、漆器入りといった、バラエティ豊かなパッケージにも注目です。

参考:ピジュトリーの記事はこちら
参考:ピジュトリー塩味の記事はこちら

トリフル

開運堂 トリフル 中身の写真

「トリフル」は、洋酒がアクセントのガナッシュ入りチョコレートです。
10月1日から4月下旬までの限定販売品なので、バレンタイン用のチョコとしてもぴったり!

洋酒が入っているので、ちょっぴり大人向けな味わいですね。
お酒が苦手という方には、ピジュトリーを贈ってみても良いでしょう。

参考:トリフルの記事はこちら

松本かきもち

開運堂 松本かきもち 銀雪 中身の写真

開運堂 松本かきもち 味景色 中身の写真

開運堂では、「松本かきもち」といった、かきもちも種類豊富に取り揃えています。

白樺しお味、半月揚、のり巻、ゴマよごし、銀雪、山路みそ味、八千代といった全7種類の味を楽しむことができますよ。

また、味景色といった白樺しお味、のり巻、半月揚がセットになったお得な詰め合わせもあります。

ほかにも、異なる味がセットになったかきもち2個入りという詰め合わせも選べるので、好みに合わせた選び方ができますよ。

参考:松本かきもち(白樺しお味)の記事はこちらから
参考:松本かきもち(半月揚)の記事はこちらから
参考:松本かきもち(のり巻)の記事はこちらから
参考:松本かきもち(ゴマよごし)の記事はこちらから
参考:松本かきもち(銀雪)の記事はこちらから
参考:松本かきもち(山路みそ味)の記事はこちらから
参考:松本かきもち(味景色)の記事はこちらから

開運堂商品の用途について

ここからは、用途別の開運堂のお菓子選びについて見ていきましょう。

開運堂は、洋菓子から和菓子にいたるまでバリエーション豊富に商品を展開しています。
渡す相手や、シーンに応じていろいろな選び方ができますよ。

詰め合わせや季節限定のもの、コラボ商品などもあるので上手く活用していきましょう!

今回は、いくつかのシチュエーション別にそれぞれのお菓子をピックアップしてみました。
ギフトとして贈るときの参考にしてみてくださいね。

バレンタイン

開運堂 ピジュトリー 外装

開運堂 ピジュトリー塩味 外装

バレンタインにぜひ贈りたいのが、「ピジュトリー」。

開運堂のピジュトリーは、壷入り、漆器入り、箱入りとパッケージを選べるのが魅力的です。

壷や漆器入りのチョコレートなんて、滅多にお目にかかれるものではないので、それだけでもインパクトがありますね。

箱入りサイズのものは、値段も手ごろなので友人や日ごろお世話になっている方へのチョコとしても贈りやすいです。

開運堂 トリフル 開封した写真

大人なチョコレートが好きな方へは、「トリフル」もおすすめですよ。

参考:ピジュトリーの記事はこちら
参考:ピジュトリー塩味の記事はこちら
参考:トリフルの記事はこちら

ホワイトデー

開運堂 ピケニケカステラ鶏卵 開封した写真

開運堂 ピケニケカステラ珈琲 開封した写真

バレンタインはチョコレートを贈るのに対し、ホワイトデーはクッキーやマシュマロなどの洋菓子を贈る傾向にありますよね。

開運堂では多くの洋菓子を取り扱っていますが、ホワイトデーにおすすめしたいのが「ピケニケカステラ」。

鶏卵と珈琲の2種類から味を選べるだけでなく、袋入りか箱入りかも選ぶことができます。

おすすめは、2種類の味がセットになった「ピケニケ詰合せ5個袋入」のもの。
手提げ袋にもレトロな絵が描かれていて、かわいいものが好きな女性に贈ると喜んでもらえそうです。

参考:ピケニケカステラ(鶏卵)の記事はこちら
参考:ピケニケカステラ(珈琲)の記事はこちら

クリスマス

開運堂 ナッツロール 開封した写真

開運堂 モカロール 開封した写真

開運堂では、2種類のロールケーキを展開しています。
香ばしさとコクのある「ナッツロール」と、ちょっぴり大人な味わいの「モカロール」。

ちょっとしたクリスマスパーティーなどで、ケーキを持参する際、ロールケーキはちょうどいいサイズ感ですよ。
数人で食べきれるサイズなので、友人だけのクリスマスパーティーなどにぴったり!

ちょっぴり大人味のロールケーキは、お酒や食事を楽しんだあとのデザートとしても良さそうですね。

参考:ナッツロールの記事はこちら
参考:モカロールの記事はこちら

お祝い返し・内祝い

開運堂 りんごの天使 開封した写真

開運堂 木の葉の精 開封した写真

お祝い事の贈り物には、洋菓子や焼き菓子などが人気。
特に、何種類かのお菓子を一度に楽しめるような詰め合わせが喜ばれますよ。

開運堂だと、りんごの天使、木の葉の精がセットになった「ちひろの世界」がおすすめ。
こちらは、ちひろの世界1号、2号、3号とお菓子の内容量によって箱のサイズも選べます。

パッケージに描かれているちひろさんの絵も、お祝い事の雰囲気と合っていますね。

参考:りんごの天使の記事はこちら
参考:木の葉の精の記事はこちら

お中元

開運堂 サトランジェ 開封した写真

お中元には、爽やかなお菓子や涼しげなお菓子が喜ばれます。

開運堂ではゼリーなども取り扱っていますが、定番より珍しいものを求めるなら、「サトランジェ」がおすすめ。
オレンジピールが香るサトランジェは、爽やかさのあるパウンドケーキです。

夏場、ひんやり冷やしたアイスティーやアイスコーヒーと一緒にいただきたくなる味わい。
日持ちも良いので、お中元にぴったりですよ。

参考:サトランジェの記事はこちら

帰省時の手土産

開運堂 これはうまい 開封した写真

お盆や年末年始の帰省時には、ちょっとした手土産があると良いですね。
家族向けの贈り物になるので、いろんな種類のお菓子が一度に味わえるものがおすすめ。

「これはうまい」のように、名前にインパクトがあるものだと、家族の会話も思わず弾んでしまうかも!
個数も選べる上、ほかのお菓子とセットになったものも選ぶことができます。

特に、これはうまい、有明の月、義塩がセットになった「岳都三昧」はおすすめですよ。

参考:これはうまいの記事はこちら
参考:有明の月の記事はこちら
参考:義塩の記事はこちら

お歳暮

開運堂 どらやき 開封した写真

お歳暮は年の暮れに贈るものなので、安定したおいしさがあるものだと良いでしょう。
開運堂の「どらやき」は、子どもから大人まで安心して楽しめるおいしさ。

用途に合わせて、箱のサイズが選べるのも嬉しいですね!
贈る相手や家族の好みに合わせて、個数を選ぶことができます。

参考:どらやきの記事はこちら

法事・仏事

開運堂 真味糖 開封した写真

開運堂 真味糖大島 開封した写真

開運堂の和菓子は、落ち着いた印象のパッケージが多めなので、法事や仏事にも適しています。
のし紙のサービスもあるので、法事参列者へのお返しなどにも対応できますよ。

あまり荷物にならず、日持ちがすることを条件とするならば、「真味糖」がおすすめ。
個数や箱の大きさも選べるため、お返しとしてぴったりの品です。

真味糖と真味糖大島、2種類の味がセットになった詰め合わせもありますよ。

参考:真味糖の記事はこちら
参考:真味糖大島の記事はこちら

開運堂の店舗一覧

開運堂は、長野県内を中心に店舗展開をしています。

その他、全国各地の百貨店などでも開運堂のお菓子が購入できますよ。
主な取扱店は、以下の通りです。

長野

関東

東海

開運堂は通販サイトもあります

買い物の流れ

ここからは、開運堂の通販サイトを利用する際、どんな流れで買い物すればよいかを見ていきましょう。

まず最初に、「開運堂オンラインショップ」を開きます。
すると、以下のような画面が出てきますよ。

開運堂オンラインショップTOP

▼お菓子の種類ごとや、イベントごとにも選べるので便利です。
開運堂オンラインショップ カテゴリー別

ここで、欲しい商品を選んで買い物カゴへと入れていきます。
注文するものが全て揃ったら、「レジに進む」を押しましょう。

開運堂オンラインショップ 注文内容確認

この先は、注文の流れになります。
まずは、お客様情報を入力していきましょう。会員登録をしておくと、次回以降のお買い物がスムーズになります。

▼お届け日とお届け時間も設定することができますよ。
開運堂オンラインショップ お届け日程の設定

▼お支払い方法を選びましょう。お支払いは、クレジットカード決済、代金引換、コンビニ決済(前払い)、銀行振込(前払)から選ぶことができます。
開運堂オンラインショップ 支払い方法

▼クレジットカード決済の場合は、「カード番号」、「カード有効期限」、「カード名義」などを入力していきます。
開運堂オンラインショップ クレジット決済画面

注文内容を確認し、大丈夫であれば注文を確定しましょう!

開運堂オンラインショップ 注文完了の画面

注文完了ページが表示されたら、無事に注文完了となります。
登録したメールアドレスに、注文完了の旨のメールが自動配信されてきますよ。
発送の連絡などもメールで行ってくれるので、確認できるメールアドレスを登録しておきましょう。

今回は、注文してから2日ほどで手元に届きました。
繁忙期には1週間以上かかる場合もあるそうなので、余裕をもって注文するのが良いでしょう。

開運堂の通販サイトの送料は?

送料は配送される地域によって異なるため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

公式サイトによると、送料は以下の通り。

  • 1,188円

北海道

  • 864円

青森、秋田、岩手

  • 756円

宮城、山形、福島、栃木、新潟、群馬、埼玉、茨城、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、岐阜、富山、石川、静岡、愛知、三重、福井

  • 864円

奈良、和歌山、滋賀、京都、大阪、兵庫

  • 972円

岡山、鳥取、島根、広島、山口

  • 1,080円

香川、徳島、愛媛、高知

  • 1,188円

福岡、佐賀、大分、熊本、宮崎、長崎、鹿児島

  • 1,458円

沖縄

冷蔵便は、クール料金として216円(税込)が加算されます。

対応しているクレジットカード

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • DC
  • UC
  • ニコス
  • UFJ
  • MUFG
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナース・セゾン
  • イオン
  • トップ

開運堂の商品が買える他のネットショップ

開運堂のオンラインショップ以外でも、以下のショップで購入できます。

さいごに

今回、開運堂のお菓子を35種類食べました。
和菓子から洋菓子に至るまで、種類豊富なラインナップだったので飽きることなく楽しめましたよ。

季節限定のお菓子があったり、コラボ商品があったりと、バリエーション豊かなのでいろんなシーンで活用できそうですね。

1個から購入できるお菓子も多く、ちょっとした手土産やおやつがわりに購入できる手軽さも嬉しかったです。

もちろん、詰め合わせなどのセットもあるので、シーンに合わせて使い分けられますよ。

大切な人へのギフトや、イベントのときなどに、開運堂のお菓子を活用してみてはいかがでしょうか。

おまけ:長野県にあるお菓子屋特集

スポンサーリンク

この記事を書いた人

柚木ゆうら

柚木ゆうら

長野出身のフリーライター。3児の母。長野から東京に出て、また地元に戻ってきたので郷土愛が深まりました。信州のおいしいものや魅力を発信したい!子どもと一緒においしく食べられるお土産をメインにご紹介していきます。

スポンサーリンク

OMIYA!公式アカウントを
フォローしよう!