与論島のお土産をほぼ全種類食べた中でおすすめできるものを厳選してみました

鹿児島県の一番南にある与論(よろん)島。

与論島は、透明度の高い海が名物で、リゾートの観光地になっています。

観光地ということもあり、もちろんお土産も数多くありますよ。

今回、与論島で販売されているお土産をひと通り食べてみました!
どんなお土産があるのかや、食べてみてわかったおすすめのお土産を紹介していきますね。

与論島で販売されているおみやげの一覧

まずは、与論島で買うことのできるお土産を一覧にしてみました。

それぞれのリンク先で、お土産写真と食べた感想を見ることができますよ。

それほど大きくない島ですが、これだけお土産があります。

与論島でおみやげが買える場所

これだけのおみやげ、どこで売っているのかが気になりますよね。
与論島でおみやげが買える主な場所は以下の通りになります。

これらの場所に行けばひと通りのおみやげが揃っていますよ!

与論島おすすめのおみやげ

ここからは、食べてみてわかったおすすめの与論島みやげを紹介していきますね。

特におすすめしたいおみやげを6つ集めました。どのお土産も与論島ならではのモノばかりですよ!

モリンガ麺

モリンガ麺外装

まずおすすめしたいのが、モリンガ系のおみやげの1つ「モリンガ麺」です。

箱を見て「モリンガ?」とすぐに興味をひかれました。

モリンガは和名でワサビノキとして知られる植物で、栄養素は何と90種も含まれているそうです!

与論島で栽培されているモリンガを、麺に練りこませてあるのが「モリンガ麺」なんですね。

わたしは麺をゆでた後に、たまねぎ・ベーコン・塩コショウのみで炒めて食べましたよ。食感はもちもちで薬草のような独特の風味があり、初めて体験する味わいです。

普段パスタを食べるような感じで色々とアレンジして食べるのもいいですし、さっとゆでてめんつゆで食べる方法もおすすめ。

▼ゆで時間は3分でオーケー!

モリンガ麺中身写真

初めての味と食感に興味のある方には、ぜひおすすめしたいです。

お土産屋さんで探すときには黄色い箱を目印にするといいですね(2016.11現在)

おみやげとして渡せば「モリンガって何?」となり、そこから与論島の土産話で盛り上がりますよ!

参考:「モリンガ麺」の記事はこちら

黒糖

黒糖外装

与論島の特産品の1つとして有名なのが黒糖。おすすめのおみやげは、写真を見てのとおり黒糖そのものです。

原材料は「さとうきび・水飴・糖蜜」のたったこれだけ。シンプルにさとうきびを味わえますよ。

わたしの妻はコーヒーに牛乳とこの黒糖をいれて、黒糖ミルクコーヒーをつくっていました。

美味しそうに飲んでいたので、わたしもつくって飲んでみることに。1個入れて飲んだら甘さ控えめで美味しかったですよ!

黒糖で糖分だけではなくてカルシウムも補給できるそうです。健康志向の年配の方へのお土産にすると喜ばれるでしょうね。

参考:「黒糖」の記事はこちら

ヨロン豆

ヨロン豆外装

こちらはピーナッツを黒糖でコーティングしたお菓子です。

黒糖がかなりしっかりとコーティングされているので味は濃い目。黒糖とピーナッツとの相性が抜群で、食べる手がとまりませんでした。

あまりの美味しさに、夫婦二人で2日もたなかったという・・・。それぐらい一度食べだしたら、はまってしまうピーナッツ菓子ですよ。

おみやげに黒糖そのものを渡すのはシンプルすぎると思うなら、アレンジしたこちらの「ヨロン豆」を選んではいかがでしょうか。

参考:「ヨロン豆」の記事はこちら

パパイヤ漬

パパイヤ漬開封写真

次のおすすめは、完熟前の青パパイヤを醤油に漬け込んだ「パパイヤ漬」

一見ドライフルーツかなと思いましたが、食べてみるとフルーツの要素はありませんでした。これはお漬物ですね。

カリカリとした食感で甘辛くご飯のおともにぴったり。カリカリがくせになり、ついたくさん食べてしまいました。

与論島でもパパイヤが栽培されていて、島の人たちは完熟パパイヤだけではなく未完熟のものも食べるそうですよ。

美味しいですし話のネタに最適。「パパイヤの漬物を買ってきたよ」とお土産に渡してみましょう。

参考:「パパイヤ漬」の記事はこちら

与論島にはお菓子のおみやげもあります

ここまではどちらかといえば、シンプルな特産品のおみやげを紹介しました。ここからはおすすめの菓子みやげです。

与論島にもお菓子のお土産がたくさんあるので、どれを選ぶか迷うかもしれません。そんなときにぜひ参考にしてみてくださいね。

モリンガクッキー

モリンガクッキー外装

こちらはモリンガ入りのクッキー。見た目はただの手づくりクッキーのようですが、ちゃんとモリンガが入っています。

モリンガ効果でクッキーがうすい緑色です。ほのかにモリンガの風味を感じる程度で薬草独特の香りはありませんね。

クッキーとモリンガの相性がいいようで、クッキーの中にうまくモリンガが溶け込んでいる感じがします。

日本広しといえども、モリンガクッキーを食べたことがある人は少ないはず。希少価値のあるおみやげになりますよ!

▼表面がうすい緑色。栄養豊富なモリンガ入りです。

モリンガクッキー中身写真

参考:「モリンガクッキー」の記事はこちら

チョコ煎

チョコ煎外装

素朴さがわたしの味覚を刺激したのか、意外にこの「チョコ煎」にはまりました。

黒糖せんべいにチョコが挟まっているシンプルなせんべい。バリバリとやや硬めの食感がたまりません。

たった2枚しか入っておらず、私と妻で1枚ずつ。もう1枚食べたかった~。

せんべいの味に加えて、手書きチックの文字も素朴で好きになりました。

容量が少なくシンプルなお菓子ですので、気軽におみやげとして渡せますよ!

参考:「チョコ煎」の記事はこちら

さいごに

与論島で存分に楽しんだあとは、お土産と一緒にみやげ話をしたいもの。

おすすめのお土産などを買ってみて、渡す相手と一緒に与論島の話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

参考:与論島観光するなら見ておきたいページ
参考:与論島への行き方
参考:与論島のホテル・民宿まとめ
参考:与論島でおすすめの観光地「百合ヶ浜」について