シュトーレンのカロリーや栄養成分は1本あたりどのくらい?人気店のシュトーレンで比較してみました

シュトーレンは、ドイツ生まれのパン菓子。クリスマスシーズンに食べる伝統菓子として知られています。

そんなシュトーレンですが、1本あたりのサイズも大きいのでどれくらいカロリーがあるのか気になるところ。

大体のカロリーを知っておくと、一度に食べる量の目安にしやすいですよ。

このページでは、シュトーレンのカロリーや人気店のシュトーレンについて紹介していきますね。

シュトーレンのカロリーはどのくらい?

まずは、一般的に販売されているシュトーレンのカロリーについて調べてみました。

カロリーSlismによると、シュトーレンは100gあたり351kcal。

カロリーと栄養成分は以下の通りです。

シュトーレンの栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー351kcal
たんぱく質3.31g
脂質6.16g
炭水化物19.06g
食塩相当量0.32g

シュトーレンは100gあたり351kcal。

シュトーレンひとつが約40gなので、一切れあたり150kcalくらいになります。

お店で販売されているシュトーレンは1本あたり400g〜500gのものが多いので、まるまる1本だと総カロリーは1,500kcal〜2,500kcalになりますよ。

おやつとして食べる場合は、一切れ〜二切れくらいがちょうどよさそうですね。

シュトーレンの材料や作り方によって数値は変わりますが、大体のカロリーを覚えておくと食べるときの目安にしやすいです。

人気店のシュトーレンのカロリーや栄養成分について

シュトーレンの本場はドイツですが、日本にもシュトーレンがおいしいお店はいくつかありますよ。

  • フロインドリーブ
  • ピエールマルコリーニ
  • ロイズ
  • ガトーフェスタハラダ
  • チーズガーデン

おいしいシュトーレンを食べたいときは、人気店をチェックしてみましょう!

ここからは、お店ごとにシュトーレンのカロリーを紹介していきますね。

フロインドリーブ

フロインドリーブは、兵庫県神戸市にあるドイツパンベーカリー。

神戸ユニオン教会を改装して作られたお店は2階がカフェスペースになっていて、サンドイッチやケーキなどが楽しめます。

そんなフロインドリーブでは、クリスマスシーズンになると「シトーレン」を取り扱います。

10月から予約開始となり、12月上旬には品薄になってしまうほどの人気商品ですよ。

カロリーは以下の通り。

フロインドリーブ シトーレンの栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー467kcal
たんぱく質5.9g
脂質56.8g
炭水化物24.0g
食塩相当量0.7g

100gあたり467kcalなので、一切れあたり187kcalになります。

500gのシトーレンだと1本あたり2,335kcalになりますね。

フロインドリーブのシトーレンは、500g・1kg・1.5kg入りと3種類からサイズを選べるのが魅力的。

レーズン・チェリー・アーモンド・くるみなど、フルーツやナッツがたっぷりと入ったドイツ風のシュトーレンです。

ピエールマルコリーニ

人気ショコラティエのピエールマルコリーニでも、シュトーレンが買えます。

その名も、「マルコリーニシュトーレン」。11月中旬から12月25日までの期間限定品です。

カロリーは以下の通り。

マルコリーニシュトーレンの栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー374kcal
たんぱく質5.6g
脂質15.1g
炭水化物54.9g
食塩相当量0.07g

100gあたり374kcalなので、一切れあたり約150kcalになりますね。

マルコリーニシュトーレンは、カカオ生地の中に赤ワイン漬けのフルーツがたっぷり入った一品。

ちょっぴり大人な味わいのチョコレートシュトーレンです。

ロイズ

ロイズは、北海道に本社を置くチョコレートメーカー。生チョコレートやポテトチップチョコレートで有名なお店です。

そんなロイズでは、「シュトーレン」が通年購入できます。

1本あたりのカロリーは、なんと3,220kcal!

100gあたり401kcalです。1cmの厚みに切り分けると、一切れ160kcalくらいになります。

カロリーが気になる場合は、毎日一切れずつ味わうのもいいですね。

ロイズのシュトーレンは、洋酒に漬けたレーズン・砂糖漬けのフルーツ・ナッツなどがたっぷり入った一品。シナモンの香りがおいしさを引き立てます。

何より、クリスマスシーズン以外も楽しめるのが魅力的ですね。

ガトーフェスタハラダ

ガトーフェスタハラダは、群馬県高崎市にある洋菓子店。

ラスクの「グーテ・デ・ロワ」で有名なお店です。

そんなガトーフェスタハラダでは、「クリスマス シュトレン」が購入できますよ。11月〜12月下旬にかけて販売されます。

カロリーは以下の通り。

クリスマス シュトレンの栄養成分表示(1個あたり)
エネルギー243kcal
たんぱく質3.0g
脂質15.6g
炭水化物23.2g
食塩相当量0.1g

クリスマス シュトレンは1個あたり243kcal。

一般的なシュトーレンのように長くて大きなものではなく、食べきりサイズなのでお土産にもぴったりです。

シュトレン 中身の写真

そこそこカロリーは高めなので、おやつとして食べるなら1個にしておいたほうがよさそうですね。

チーズガーデン

チーズガーデンは、栃木県・那須にあるお菓子屋さん。

代表銘菓「御用邸チーズケーキ」で有名なお店です。

チーズガーデンの「シュトーレン」は、完全数量限定のお菓子。販売期間は11月中旬から12月25日までとなります。

クリスマスにあわせて食べたい場合は、早めに注文することをおすすめしますよ。

カロリーは以下の通り。

チーズガーデン シュトーレンの栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー423kcal
たんぱく質4.7g
脂質21.1g
炭水化物53.5g
食塩相当量0.28g

100gあたり423kcalなので、一切れあたり169kcalになりますね。

チーズガーデン シュトーレン 中身の写真

チーズガーデンのシュトーレンは、レーズン・オレンジピール・いちじくなど8種類のフルーツがぎゅっと入った一品。

洋酒に漬け込んだフルーツの芳醇な味わいが楽しめます。

シュトーレンはセブンイレブンでも買えます

シュトーレンはパン屋さんや洋菓子店で売っているイメージが強いですが、コンビニのセブンイレブンでも購入できますよ。

セブンイレブンでは、タカキベーカリーの「シュトレン」が買えます。

カロリーは以下の通り。

タカキベーカリー シュトレンの栄養成分表示(1本あたり)
エネルギー807kcal
たんぱく質8.8g
脂質35.1g
炭水化物114.0g
食塩相当量0.7g

1本あたりのカロリーは802kcal。100gあたり407kcalです。

サイズはミニシュトーレンといった感じですね。

500円くらいで買えるので、シュトーレンを気軽に楽しみたいときにぴったりです。

紹介したシュトーレンのカロリーを比較してみました

今回、紹介したシュトーレンのカロリーをまとめてみました。

商品名1本あたりのカロリー100gあたりのカロリー一切れあたりのカロリー
フロインドリーブのシトーレン2,335kcal467kcal187kcal
ピエールマルコリーニのマルコリーニシュトーレン961kcal374kcal150kcal
ロイズのシュトーレン3,220kcal401kcal160kcal
ガトーフェスタハラダのクリスマス シュトレン243kcal97kcal
チーズガーデンのシュトーレン1,777kcal423kcal169kcal
タカキベーカリーのシュトレン802kcal407kcal163kcal

一覧にしてみると、フロインドリーブのシュトーレンが最もカロリーが高いですね。

お店によって多少の違いはありますが、シュトーレンは一切れあたり大体150kcal〜200kcal近くあるとみて、少しずつ食べたほうがよさそうです。

さいごに

材料や大きさによって、シュトーレンのカロリーも大分変わってきますね。

ただ、1本あたりのカロリーが高いことに変わりありません。

食べ過ぎないように注意して、自分好みのシュトーレンを探してみましょう。

参考:シュトーレンの由来や歴史についてはこちら
参考:シュトーレンの賞味期限についてはこちら