八戸ポータルミュージアム

八戸ポータルミュージアム「はっち」は、青森県八戸市にある公立の文化交流施設です。
まちを元気にするという目的をかかげ、「地域の資源を生かしながら、まちの新たな魅力をつくりだす」というコンセプトで、2011年2月に開館しました。

売店や八戸に関する展示スペース、ものづくりスタジオ、こどもはっちなど、5階建ての建物のなかにワクワクするポイントがいっぱい。
八戸の魅力をたっぷりと詰め込んだ、全国的にも注目されている施設です。

八戸ポータルミュージアムはっち外観

八戸ポータルミュージアム はっちについて

  • 住所:〒031-0032 青森県八戸市三日町11-1
  • 開館時間:9:00〜21:00
  • 休館日:毎月第二火曜日(祝日の場合は翌日)・12月31日・1月1日

八戸ポータルミュージアム はっちのアクセス方法

・電車の場合

八戸駅からJR八戸線「本八戸駅」で下車。徒歩10分ほどです。

・バスの場合

八戸駅東口から八戸市中心街方面行きに乗り、「八戸中心街ターミナル(八日町)」で下車すると目の前にあります。(約25分間)

・車の場合

八戸駅から20分ほどです。駐車場はないため、周辺の駐車場を利用しましょう。
すぐとなりの「さくら野 八戸店」を利用した場合、さくら野で1,000円以上の買い物をすると、駐車代が2時間無料になりますよ。

八戸ポータルミュージアム はっちの中を歩いてみよう

1階

1階は吹き抜けの開放的なフロア。
売店や観光展示、売店、レストラン、受付などがあります。

八戸ポータルミュージアムはっち吹き抜け

▼放送スタジオでは、ラジオ番組を生放送中!

八戸ポータルミュージアムはっち放送スタジオ

▼あちこちに休憩スペース(ラウンジ)があり、市民や観光客がゆったりと過ごしていました。

八戸ポータルミュージアムはっち休憩スペース

▼八戸の朝市や「南部菱刺し」「南部裂織」などの伝統工芸品を紹介するコーナー。

八戸ポータルミュージアムはっち八戸の展示1

八戸ポータルミュージアムはっち八戸の展示2

▼通りに面したカフェ「たまに庵のーぼ」では、オリジナルスイーツやランチが楽しめるほか、夜はお酒の提供もしています。

八戸ポータルミュージアムはっちレストラン1

2階

2〜3階は展示スペースがメインです。
八戸の文化や歴史に触れられますよ。

八戸ポータルミュージアムはっち展示

▼舞台や発表会に利用できる和のスタジオも。

八戸ポータルミュージアムはっち和のスタジオ

▼「キッチンむらた」では、旬の食材やだし汁を使った、体にやさしい日替わりスープを提供。

八戸ポータルミュージアムはっちレストラン2

▼「CHEESE DAY」は、新しいチーズとの出会いを応援する、チーズの専門店です。

八戸ポータルミュージアムはっちレストラン3

3階

「very berry+」では、しぼりたての生ジュースのほか、美容と健康にいいスイーツも人気です。

八戸ポータルミュージアムはっちレストラン4

4階

ものづくりスタジオでは、工芸品の体験や購入ができます。

八戸ポータルミュージアムはっち工房

▼「こどもはっち」は、地域の木をふんだんに使ったスペース。
1人100円の入場料がかかります(小学生以下無料)。

八戸ポータルミュージアムはっちこどもはっち

5階

5階は共同スタジオで、ワークショップや会議に最適です。

無料見学も可能

はっちにはボランティアガイドが常駐しており、60分間無料で見学をすることもできます(団体は要予約)。

イベントも多く、2018年4月には着付け教室、発表会、チャリティーショー、作品展などが行われていました。

八戸ポータルミュージアム はっちにあるお土産屋さん

はっちでお土産を買う場合は、1階にある「カネイリミュージアムショップ」を利用しましょう。
青森の伝統工芸品や雑貨が揃っており、見ているだけで楽しくなります。

お菓子は少なめですが、「八戸せんべい」など地域ならではのものもありましたよ。

八戸ポータルミュージアムはっち売店

八戸ポータルミュージアムのおみやげ6件

全 6 件中 1-6 件を表示